FC2ブログ

雑記) 3.5時間待って800円のかき氷を食べる感覚(ひみつ堂@台東区 東京都)


※投資とはなんら関係ないお話でございます。



蜜柑ひとつに千両つぎ込むような噺もあるように、普通では想像できない価格の物に糸目をつけず金を払う人がいます。

私にとって、かき氷に800払うというのは通常ではありえない感覚です。

かき氷(かきごおり、欠き氷)とは、氷を細かく削るか、砕いてシロップ等をかけた氷菓。餡やコンデンスミルクをかけたものもある。氷はかんななどで粒状に削る[1]が、現在は専用の機械を用いる。 wikipedia

かき氷は所詮、水。シロップは所詮、砂糖水。


商売をしようとしたら戦略は2つ。

一つは低価格競争でコストを抑えつつ薄利多売でより多く売る。

もう一つは付加価値をつけ実際の元値より高価格で売る。

ハンバーガーショップで言えば前者はマック、後者はフレッシュネス。



ひみつ堂は後者の戦略で成功したかき氷屋の一つです。

氷は日光の天然氷。

シロップは自家製。

狭い店内でひとつひとつ手動で削る昔ながらのスタイル。


こうして付加価値をつけることで従来のかき氷のイメージを払しょくし、かき氷の常識を覆しました。


商売で成功する秘訣はこういう所にあるのだと思います。


そしていつしか行列が行列を呼び、もはや整理券なしでは回転不可能な人気店に。



素直に凄いと思います。

3.5時間待ち、800円払って、食べたいのはかき氷。

それでも行きたいと思ってしまうのは、私が日本人だからなのでしょうか。

それとも、ミーハーだからなのでしょうか。


かき氷を買うのではなく、

「ひみつ堂でかき氷を食べた」という”ブランド”を買っている気がしました。




株でも似ている部分があります。実質の中身が大赤字なのにやたら株価が高い銘柄とか。

こういうのは需給バランスが崩れると一気に値崩れしますので要注意。

かき氷食べながら、そんなこと考えてました。




ひみつ堂体験レポートは続きから。
読み物調で書きました。
ーーーーーーーーーーー

お盆で外にいる人が少ないですが、まだまだ暑い日が続く今日この頃。

こんな暑い日は冷たいものでも食べて涼みたいと思うもの。

かき氷は夏の風物詩のひとつでしょう。


少し前にどこかで、「かき氷のシロップは全部同じ味で色と香料が違うだけ」

なんて見ましたが、差別化を図るのは余程のものがないと難しそう。

なんせ、氷といってもただの水。そこに砂糖水をかけただけ。

冷却にコストはかかるものの、原材料だけ考えたらそんな高価にはならないのでは?

昨今のかき氷ブームは一目を置く存在となりつつありますが、1000円近い金を出す気にはなれない。


そんな常識をひっくり返されました。


先日、かき氷で有名なひみつ堂に行ってきました。

かき氷特集やかき氷ランキングで常に上位に居座る スイーツ好きには常識の1店。

人気のいちごみるくが800 円。

繰り返す。

かき氷 800円


10時に着くと、すでに数十人の列。

これはだいぶ待つなと思って最後尾に行くと、店員がこう言う

「整理券はお持ちですか」

ちょっとまてちょっとまてお姉さん。整理券ってなんですのん・・・

まだ朝10時です。


結局13:30の整理券をもらって一時退散です。

午前中にかき氷→ランチ→おやつ のプランが早くも崩れました。


しかたなく谷根千(谷中、根津、千駄木 3地名から。下町の散歩スポットとして密かな人気)を散策して、ランチして。

一番熱い時間に並び直し数十分待ちようやく入店。

その間にメニューを決めてオーダーしておくシステム。少しでも待機時間を短縮させる手段らしい。

ちなみにこの日は13時過ぎに整理券配布終了。最後の整理券は20時であることも付け加えとこう。


やっと店内に案内されるも、狭い。そして暑い。

そりゃ暑い方がかき氷も美味いけど、それにしても暑い。


席についてすぐにかき氷が出てくる。

ボリュームは前情報があるのでさほど驚かず

しかし、シロップは想像以上にしっかりしていました。

残念ながらいちごは売切れでしたが、ゆずにしましたが、自家製の濃厚なゆずシロップがこれでもかと氷を覆い尽くす。


期待をこめて恐る恐るスプーンをのばす

「シャクッ」

やさしい音とともにスプーンの上に乗るかき氷。


それを口に含んだ時の衝撃たるや、もはや表現できないです。

やさしい甘さと冷たい氷のハーモニーがなんとも絶妙。

いままで食べてきたかき氷はなんだったのか。

ただの氷の塊だったんじゃないのか。


これこそがかき氷だと、そう感じました。


なんせ部屋が暑いので、そして外の行列のプレッシャーも凄まじいのでさっさと完食し退散を余儀なくされましたが、

新感覚のかき氷の余韻はしっかりと味わうことができました。



800円は普通じゃ出せないけど、だからこそ特別な時にわざわざ足をのばして行ってみたい

そんな好奇心に全力で答えてくれました。


惜しむらくはいちごみるくにありつけなかったこと。

いつかリベンジしたいと思っています。



ひみつ堂に行く予定の方にアドバイス。

・ツイッターで何時ごろ整理券配布終了するか予測着きます。本日は12時台には整理券終わっている様子ですね。
お盆で夏休みの人が多いからでしょうか。

・行ってみたいという方は、必ず午前中にそれでも並びます。

・平日の方が空いていますがそれでも(略)。

・悪天候の方が空いていますが(略)。

・午後に予定がある人、いちごみるく狙いは朝一で。

・整理券を貰った後、折角なので谷根千をぶらぶらしたら楽しいと思います。予めだいたいのコースを決めておくとよいでしょう。

・冬場はわりと空いている日もある(かき氷の醍醐味が季節感の違いで半減だが)



あまり調べずにお店に向かう方も多いです。

うきうきでT字を曲がってひみつ堂に向かう→行列でびびる→整理券終了してがっかり

このパターン多いです。お気を付け下さい。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

パーサモウニアス

Author:パーサモウニアス
手取り17万なのに家賃7万で生活できるのか?
そんな無謀な生活を続けるために、日々の節約や家計簿を淡々とつけ続けるという実験日記です。
投資ド素人サラリーマンが資産運用に興味を持ち始め、それらの記録がてらブログを始めました。
資産運用の基本方針

日経電子版に紹介されました
パーサさん、月16万生活で資産形成(投信ブロガー)

150411開始
2016年、FP3級を取得
twitter始めました。
@parsimonious_16

mail:
parsimonious16@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
-FX (2)
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
免責事項
当ブログに掲載する情報には充分注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。当ブログ使用及び、閲覧によって生じた如何なる損害にも責任を負いかねます。 投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。