FC2ブログ

リプロセル製品関連が載った雑誌のインパクトファクターを調べました。


立会外分売がにぎわってます。
明日はリプロセルの立会外分売が予定されています。
参加するかどうか悩んだので会社のHPでIRやらを見ていました。


そこに、リプロセルグループ関連製品を使った論文が雑誌に載ったというIRニュースがここ1年で3件ほどありました。
どのような雑誌なのか気になったのでそれらのインパクトファクターを調べてみました。
インパクトファクターとは、雑誌に掲載された論文がどのぐらい引用されたかを示す指標です。

研究活動は過去の研究をもとに未知のことを新たに見出すわけですから、現時点で何がわかっているのか、何がわからないのか、それを明らかにしたうえで新たな知見を得るべく実験を試みるわけです。
従って、ある論文が引用されればされるほど、その論文はその分野について重要な発見をしていたり、後世の研究の礎となっていたりするわけです。

ちょっと前にSTAP細胞が騒がれていましたが、あのように虚偽が雑誌に掲載されると、それをもとに新たな研究をしようとしたグループの時間や資金を無駄にしてしまうのでよろしくないのですよね。
STAP細胞の場合はすぐに過ちがわかりましたが、巧みに隠された論文が発表されるとそれをもとにした研究が全て意味のないものになってしまうので恐れられています。論文汚染といいますね。

そうならないように、報告された内容が正しいかどうかきっちり調べることが求められています。
世界の科学を牽引するような雑誌であればあるほど、審査が厳しくなかなか受理されないというのがあります。
誰が見ても客観的に正しいという根拠を並べ立てて初めて雑誌に掲載されます。

インパクトファクターが高い雑誌ほど論文の正当性を厳しく検査していて、その審査を通って発表された内容なら信用度も高いだろうという流れになっています。


たとえば、宇宙人が居たという論文が出たとして、そこらの週刊誌に発表されても信憑性はしれたものですが、もしそれがNATUREにでも載ろうものならよほどの根拠があったんだなと推察されるわけです。


ただし注意しなければいけないのは、インパクトファクターの高い雑誌の論文がすべて正しいとも限らないですし、インパクトファクターが低くても実は今後の科学研究に重大な意味をなしていたりという可能性があるのです。
身内でお互いに引用したり、審査員のラボの論文を引用して評価を高めようとしたりといった動きも無きにしも非ず。
インパクトファクターはあくまでもひとつの指標として見る必要があり、論文一つ一つをそれぞれの科学者がきちんと批判的に読んで自分の研究活動に役立てなければいけないのです。


さて、だいぶ話がそれてきました。本題です。
リプロセル関連の製品がかかわった論文が載った雑誌は次の3点です。
neuroscience letters 2.030
molecular cancer therapeutics 5.683
human gene therapy 3.755

数字の目安はこちらのサイト等を参考にしました。インパクトファクターは科学雑誌の視聴率
2だと物足りないので、最新のneuroscience lettersは若干よわめですね。
逆にmolecular cancer therapeuticsはそこそこのインパクトファクターです。これだけの雑誌に論文が載ったら国内の大学でもかなりの業績となるでしょうね。

そう考えるとリプロセルの製品もそこそこの雑誌に載るだけの評価を得ていることになりますね。
ただ、これらの雑誌を一括して”国際的に権威のある科学論文雑誌”と称するのはちょっと誇張しすぎな感じもしますが。


ちなみに、文字通り世界的権威ある雑誌のインパクトファクターはこんな感じ。
nature 41.456
science 33.611
cell 32.242
リプロセル製品だと、cellあたりがちょうど製品のジャンルと似ているので、これに載ったら凄そうですね。




なお、肝心の立会外分売ですが、
終値414
分売価格401
割引率3.14
しかし、分売数が多すぎます。
きっと申し込めば当たるでしょうが、得するのは難しいのでは?
チャートからみても下降一直線。

新株予約権を行使してそれをすぐさま一気に売る算段なのでしょうかね。

そんなわけで、見送ります。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

パーサモウニアス

Author:パーサモウニアス
手取り17万なのに家賃7万で生活できるのか?
そんな無謀な生活を続けるために、日々の節約や家計簿を淡々とつけ続けるという実験日記です。
投資ド素人サラリーマンが資産運用に興味を持ち始め、それらの記録がてらブログを始めました。
資産運用の基本方針

日経電子版に紹介されました
パーサさん、月16万生活で資産形成(投信ブロガー)

150411開始
2016年、FP3級を取得
twitter始めました。
@parsimonious_16

mail:
parsimonious16@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
-FX (2)
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
免責事項
当ブログに掲載する情報には充分注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。当ブログ使用及び、閲覧によって生じた如何なる損害にも責任を負いかねます。 投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。