FC2ブログ

海外ETF(VT)を買うのに適切な証券会社はどこか





バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)に興味を持って、色々調べてました。
どこの証券会社で買うのがいいのかな?と。


そもそもVTとは、
・海外のETFの一つ。
・各国の株・債券・に分散投資。
・信託報酬が0.17%と安い。
といった特徴があります。

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF pdf



その前にETFって?投資信託協会より引用しますと、
ETFとは、証券取引所に上場し、株価指数などに代表される指標への連動を目指す投資信託で、
「Exchange Traded Funds」の頭文字をとりETFと呼ばれています。


普通の投資信託と違って、株と同じように取引が行われています。
指値や成り行き注文も可能。信用取引も可能。
一般的に、信託コストがインデックスファンドよりも安い。



投資先の分散を考えるうえで、海外にウェイトをおいた投資先を探していましたが、
難しいリバランスがなくても、これ一つで海外分散投資はいいんじゃない?と、ものぐさな私は惚れこんでしまいました。



しかし、一つの壁にぶち当たります。
海外の商品なので、国内で買うと手数料が高い。

1回買うのに2000円以上します。
なので、積立で買うにはコストがかかりすぎるし、なんとかおさえられないものかと。


そこで、海外の証券会社が安いという記事を拝見し、比べてみました。
いや、正確には、比べようと試みて断念しました。

ETF比較

すっごい雑でごめんなさい。

interactive brorkersでは、日本語対応であり、日本人でも扱いやすいかもしれません。
国内で買った場合と比べても、必要な額は安くなります。
しかし、口座維持手数料がかかるのと、最低月間手数料がかかるため、頻繁に取引しない場合はコストが高くついてしまいます。
同様にLow tradesでは、口座維持手数料は上記会社より安く収まりますが、全て英語なので内容理解に時間がかかります。
そこを調べている間に断念しました。
さらに、万が一何かトラブルがあった場合、英語でやりとりしなければいけない。まして電話でなんてとてもとても。

これらはあくまで英語堪能な方が扱えるものなのだと感じました。



では国内で買うには?
投信で手堅くlay-up!2013.11 ネット証券 米国株(米国ETF)口座の比較まとめ
それについてはこちらに詳しくまとまっておりました。

以下引用
ETF国内VT
引用ここまで


総合的に判断して、楽天証券で買うことにしました。
理由は以下の通り。


マネックス証券は確かに手数料は安いし特定口座もあるが、外貨入出やMMF運用が不可。
米国株のために投入資金の余った分の扱いに困りそう。

SBI証券はMMF運用可能なうえ、住信SBIネット銀行を通せばスプレッド9銭で買える!
スプレッドは1$あたりにかかってくるので、取引額が多いほどコストも増えます。
それを抑えられるのはかなり得。
(FXを通せばさらに抑えられるよう。FXはまだまだ勉強中で手を出すに至らず、今回は言及できません。ごめんなさい)
しかし、SBIは特定口座未対応。
取引を行った時の相場をもとに計算して書類作って・・・と考えると、萎えてしまいました。

結局少々コストは高いながらも、それぞれのデメリットを補えるということで楽天証券を選択しました。
(楽天証券は現在は特定口座対応となっています。)


ただし、いまはVTの相場がやや高めなので、買い時を見計らっている状況です。
為替取引だけは済ませようかなーと検討中です。

なお、SBIも今年度中に特定口座対応すると発表があったようなので、
VTの価格が一呼吸つく前に対応してもらえたら、SBIでの購入も前のめりに検討したいと思っています。

一時的な円高こないかなー。

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

パーサモウニアス

Author:パーサモウニアス
手取り17万なのに家賃7.5万で生活できるのか?
そんな無謀な生活を続けるために、日々の節約や家計簿を淡々とつけ続けるという実験日記です。
投資ド素人サラリーマンが資産運用に興味を持ち始め、それらの記録がてらブログを始めました。
資産運用の基本方針

150411開始
2016年、FP3級を取得
twitter始めました。@parsimonious_16

mail:parsimonious16@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
-FX (2)
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
免責事項
当ブログに掲載する情報には充分注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。当ブログ使用及び、閲覧によって生じた如何なる損害にも責任を負いかねます。 投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。