FC2ブログ

割引ポイントや電子マネー等の家計管理


日経が爆上げでした。要因はなんなのでしょう。
明日は反落かなと思ってます。

さて、昨日の家計簿をつけていて気になったことがあります。
それは、ポイントの扱い方。
スーパーのポイント、薬局のポイント、東急ハンズのポイント、SUICAviewポイント、楽天スーパーポイント等々、細かい数字で色々と溜まっています。
また、SUICA、PASMO、edy等の電子マネーも家計の管理方法は色々だと思います。
さらには、QUOカードや株主優待券など、特定の場所で効果を発揮できる金券の類も。
覚書がてら私の計上方法を記録します。

ポイント系
全体としては、資産としては計上するけれども、消費した時には記録するものとしないモノがあります。
箇条書きで。
・スーパーのポイント。買い物200円以上で100毎に1ポイント。50ポイント貯まると自動で50円引き。記録が大変なので、割引が適用されたときはラッキー♪ということで50円引かれた額を買い物額として記録。
項目が複数にまたがった時は、それぞれの買い物額の割合で均等に分散。ただし、スーパーで買うのは食品が主なので、めんどいときは食品からマイナスするかな。
薬局や東急ハンズのポイント等は無視。使うかどうかわからないですし。使った時だけ「安く買えてラッキー」として終わりにします。他にもいろいろあるんですよね。M銀行のポイントとか色々。使わずに期限を迎える可能性大。
・楽天のスーパーポイント。資産に計上。使用した時は「タダでゲットだぜ!」とする。足が出る場合は、その額で目当てのものが買えたとすることに。5000の商品を3000のポイント使って2000で買えたら、2000の支出としています。
現金2000・ポイント3000という管理はしていません。

電子マネー系
・PASMO。久しく使っていないため額を把握していません。だらだら持ち続けています。
・SUICA。ビックカメラのクレジットカードに付随。残額1000円以下になるとオートチャージで3000円追加されます。ものすごく便利。家計管理の際は、ざっくり3000円を資産に計上。交通費は使用の都度記録しています。
めんどくさがりな人や、SUICAの使用は交通費だけと決めている人はオートチャージの明細だけで管理してもいいかもしれませんね。
・edy。大体の残額を常に把握。現在11000円ちょい。楽天カードでチャージしていますのでポイントが貯まりやすい構造になっています。近所のスーパーがedy対応なのでよく使いますしお得で便利です。
・nanaco。セブンでの買い物はこちら。あまり頻繁に使わないので額は不明。クレジットカードでチャージするつもりだったのですが、パスワードを忘れて以来現金でチャージしてばかり。もったいない。

金券系
・quoカード。把握している分のみ資産計上。minoriソリューションズからもらったquoカードがまだ未使用。電子マネーを優先的に使ってしまっているのですぐに忘れてしまいます。どこかで使わねば。
・図書カード。あったかな???無視状態。
・株主優待券。資産に計上せず。使った時も資産のマイナスには計上せず。めんどくさいもの。



以上です。
期限があるものは忘れないようにしなければなりませんが、基本はほったらかしです。
自分のやりやすい楽ちんな方法で管理するというのがいいと思います。


普段の買い物で現金をあまり使わなくなりました。カードか電子マネーかという生活。
ネットではカードとポイントという形。
クレジットカードを持つこと自体が怖かった昔の自分からは想像もつかないです。
それだけ現代のマネー取引に馴染んできているんでしょうか・・・。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

パーサモウニアス

Author:パーサモウニアス
手取り17万なのに家賃7万で生活できるのか?
そんな無謀な生活を続けるために、日々の節約や家計簿を淡々とつけ続けるという実験日記です。
投資ド素人サラリーマンが資産運用に興味を持ち始め、それらの記録がてらブログを始めました。
資産運用の基本方針

日経電子版に紹介されました
パーサさん、月16万生活で資産形成(投信ブロガー)

150411開始
2016年、FP3級を取得
twitter始めました。
@parsimonious_16

mail:
parsimonious16@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
-FX (2)
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
免責事項
当ブログに掲載する情報には充分注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。当ブログ使用及び、閲覧によって生じた如何なる損害にも責任を負いかねます。 投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。