FC2ブログ

パナマ文書に載っているとされる銘柄を2種保有中。


円急騰、株価爆下げ、不安急上昇の3拍子がボンッ・キュッ・ボンッときていて、精神がスリムにダイエットを始めています。

この原因の一端とまことしやかにささやかれているのが「パナマ文書」というもの。

これについてようやくいくつか記事が出ているものの、国内での報道は目立たないというのが一般的な見解の様子。

私もいまだによくわかりませんし、あまりに規模が大きすぎて「フィクションの読み過ぎでなにが作り話で何が本当かわからない」という状況です。

パナマ文書 wikipedia

ウィキより引用
パナマ文書(パナマぶんしょ)またはパナマペーパー(英語: Panama Papers)とはパナマの法律事務所、モサック・フォンセカ(Mossack Fonseca)によって作成された一連の機密文書である。文書は1970年代から作成されたもので、総数は1150万件に上る。文書にはオフショア金融センターを利用する21万4千社の企業の、株主や取締役などの情報を含む詳細な情報が書かれている。これらの企業の関係者には多くの著名な政治家や富裕層の人々がおり、公的組織も存在する。合計2.6テラバイトに及ぶ文書は匿名で2015年にドイツの新聞社『南ドイツ新聞』に漏らされ、その後、ワシントンD.C.にある調査ジャーナリスト国際連合にも送られた[2][3]。80か国の107社の報道機関に所属する約400名のジャーナリストが文書の分析に加わった。2016年4月3日、この文書についての報道は149件の文書とともに発表された[4][1]。関連企業・個人リストの完全版は同年5月初めに公開される予定である[5]。

はい、よくわかりません。一昔前の女子高生風に書きますね。
なんかー、税金対策とかを扱う事務所の機密文書?みたいなのがうちが産まれるずっと前からあってぇ、それが漏れたらしいんだけどぉ、誰でも知っている名前の超有名人が超一杯いてぇ、これが本当なら税金逃れや資産隠しがバレてマジパナイ感じ てへぺろ(・ω<)
なにそれテラヤバくなーい?2.6テラやばくなーい?


・・・余計わかりにくかったらすみません。
要するに、半端ない規模の隠し資産目録が漏れたんじゃないかと。その顧客が世界規模で有名な企業や著名人で政財界だけでなくスポーツ界やら芸能界やらにもいてなにやらやばそうだということだそうです。


このせいで金融業界他投資相場はガタ落ちで円高に振れまくっている という解釈の記事をいくつか読みました。
まだ本当かどうか実感できていないのか本当かどうか私には判断できません。
ただ、「これが事実だとすると相当の打撃を受ける」という見解には同意しています。


そして、この文書に日本の上場企業・非上場企業もいくつか載っているというのをネット上で見ました。
ソースにたどり着けず、不確かな情報ですのでこの場での言及は避けます。気になる方はネットで調べてみてください。

私が保有している株でも2銘柄が該当するようで、株価のガタ落ちは今日も続いていました。
これが現実味を帯びてくるとここからさらに下げるのか?はたまた織り込み済みでもうすでに底が近いのか?冷や冷やしながら株価を眺めています。
今売ったら狼狽売りか?いや、このまま握っていて塩漬けにするのもあほらしい・・・
売るか持つかで揺らぎ続けています。


そんな中こんな記事が出ました。
アイスランド首相辞任 「パナマ文書」暴露のオフショア会社で

早くも現実味を帯びてきました。
これは景気や相場の低迷が長引きそうな案件だなと思わざるをえませんなぁ。



※素人考えです。パナマ文書についてもよくわかっておりません。
素人の戯言と思ってくださいませ。
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

パーサモウニアス

Author:パーサモウニアス
手取り17万なのに家賃7.5万で生活できるのか?
そんな無謀な生活を続けるために、日々の節約や家計簿を淡々とつけ続けるという実験日記です。
投資ド素人サラリーマンが資産運用に興味を持ち始め、それらの記録がてらブログを始めました。
資産運用の基本方針

150411開始
2016年、FP3級を取得
twitter始めました。@parsimonious_16

mail:parsimonious16@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
-FX (2)
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
免責事項
当ブログに掲載する情報には充分注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。当ブログ使用及び、閲覧によって生じた如何なる損害にも責任を負いかねます。 投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。