FC2ブログ

株・投資信託・ETFの損益率まとめました


日曜の朝はテレビ見てますか。
普段は野球のためあまり見られないのですが、見られるときには所さんの目がテンを見ています。
小学生のころからずっとやっていますからね。昔からほんとに好きでした。

ただ、所さんの声を聴くとどうしてもアルフにしか聞こえない病にかかっておりまして。
アルフとはNHKでやっていたアメリカ制作の番組で、宇宙生物が居候するというコメディドラマです。
アルフの声を所さんがやっていて、その印象がしみついていました。

アルフは子供ぐらいのサイズで、ほとんどがバストアップのシーンであり、パペットで演じられていましたが、ところどころ全身姿で走るシーンなどもあり、当時はどうやって撮影されていたか疑問でした。

その疑問が奇しくも今日解けました。
アルフを演じていた役者が亡くなったというニュースが出ていました。
小人症の人が演じていたのですね。彼もまさか日本で大きく報道されているとは知る由もなかったでしょう。
日本で放送されるぐらいですから、本場アメリカでも人気があったのではないでしょうか。

とても残念でなりません。




さて、そのUSAでは猟奇的な事件が発生したこともあり、円高ドル安が進行しました。
株安も並行しており、ドル建て資産・国内株ともにかなり下がっております。
そんななか、保有資産の現在の損益率を銘柄別に列挙しました。

下の図にまとめてあります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

160614 kabu

数が多いため画像が小さくなってしまいました。
表はmochiさん作成のファイルを使用させていただいております。
参照
最新株価&投信基準価額を自動取得できるエクセルシートを作りました。(ダウンロードできるよ) by富士宮で資産運用


すごいのなんのって、国内株だけでなく、投資信託や米国株・米国ETFにも対応しているのですよ。
バージョンアップしてスピードが上がったという触れ込みでしたが、思っていた以上に早くなっていました。
めちゃくちゃ便利で大変重宝しております。


項目は海外ETF・国内株・投資信託の順に並べてあります。
色とか変えればよかったですね。次回からも少しわかりやすく変更します。
投資額と評価額が2種表示してありますが、前者は国内株+投資信託の値で円建てであり、後者は海外ETFの値でドル建てとなっています。

各クラスの雑感

・国内株
この相場で総じて下落しております。
利確の難しさを再度痛感しております。

・投資信託
スポット購入のひふみプラスのみかろうじてプラスですが、他はマイナスですね。
あまり動じることなくこれからも積み立てを進めていきます。

・海外ETF
ドル建てでみたときには全体ではプラスですね。
その点では買うタイミングを誤ってないともいえるかもしれません。
しかし、円安の時に買っているので円に換算するとマイナスが大きいです。
ドル建てなど、為替レートがからむ外貨資産はどうやって管理するのが良いのでしょうか。いろいろと試行錯誤してます。


イギリスのEU離脱懸念もあり、国内での上昇因子も見当たらないですよね。
選挙もぼちぼち近いですし、しばらくは停滞が続きそうだなとみております。
少なくとも今月日本時間24日の投票までは低空飛行を覚悟しなければいけないかなと思っております。

これ以上円高が進むようで、米国ETFが下げるような展開になれば買い増しを予定していますが、全くどうなるかわからないので慌てずじっくり行きたいと思います。



え、エクセルがないのにどうやって表を操作したかって?
それは企業秘密です。

早起きして職場でもくもくと作業してたなんて言えない・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

パーサモウニアス

Author:パーサモウニアス
手取り17万なのに家賃7.5万で生活できるのか?
そんな無謀な生活を続けるために、日々の節約や家計簿を淡々とつけ続けるという実験日記です。
投資ド素人サラリーマンが資産運用に興味を持ち始め、それらの記録がてらブログを始めました。
資産運用の基本方針

150411開始
2016年、FP3級を取得
twitter始めました。@parsimonious_16

mail:parsimonious16@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
-FX (2)
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
免責事項
当ブログに掲載する情報には充分注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。当ブログ使用及び、閲覧によって生じた如何なる損害にも責任を負いかねます。 投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。