FC2ブログ

私のiDeCoが楽天証券一択にならざるを得ない理由


年金法案が成立したそうですね。
今後年金の受取額はどうなっていくのでしょうか。
やはり年金だけでは不安なので、将来への蓄えを自分で作らなければなりません。

そんなこともあって、来月から対象となる個人型確定拠出年金で蓄えの補充を考えています。
SBI証券からはすでに申請書類が届いています。
楽天証券にログインしたところ、本日書類を発送したというお知らせが出ていました。
なので、明日か明後日には楽天からも受け取れると思っています。
どちらがよいか、ずっと迷っていました。
会社の比較は色々なところで行われていますので、ここでは割愛します。

私は、ひふみ年金があるSBI証券でほぼほぼ心は固まっていました。

これまで、拠出年金のメリットデメリットをどの程度享受できるのか試算したのですが、その時は23000円で計算していました。
しかしつい先日、私は12000円が限度額だと会社の通知で知りました。
うっかりしていました。

証券会社によって毎月の手数料が異なり、SBIでは50万、楽天では10万以上保有していれば証券会社の手数料は無料になります。
23000円で試算していた時には、「まぁいいか。」という許容範囲の差でしたが、毎月の積立が12000円となるとさすがに無視できません。
SBI証券では無料化になるのに3.5年もかかってしまいます。
一方、楽天証券は2017年末まで無料キャンペーンをしており、加入時の1080円も無料となっています。毎月の管理手数料は実質無料で運用できるため、こちらに軍配が上がります。

また、受取時の方法も選べる楽天のほうが、退職時の自分にとってより有利な選択ができるためよさそうです。
この受け取りの選択については、私が退職するころにはSBI証券さんも改善しているだろうとは思いますが。期待も込めて。

さらに、先日の会社からの通知に「企業型確定拠出年金を検討中だよ♪ミャハ」とあり、不確定要素が多いです。
ずっと個人型で運用できるならSBIでもいいのかもしれませんが、会社がいつ企業型を設定するかわからない状況では、より早く管理手数料無料のラインを越えておきたいという気持ちです。
まして、他の会社で口座を設置するのは全くの論外となります。


まとめます。
投資信託については、どちらも低コストの商品が揃っているのでいいのです。
しかし、私の場合、
・拠出額は月12000
・会社が企業型確定拠出年金をいきなり採用する可能性を含むコメントをしてきた
・気になる人から脈なしラインが返ってきて諦めモード

以上の理由から、楽天証券にせざるを得ないという結論に至りました。(無関係な理由が一つ紛れている)
ひふみ投信は成績が良いので、NISA枠でひふみプラスを購入するなどで対応したいと思います。

次は確定拠出年金の購入バランスを検討していかないといけないですね。
国内株式と、世界株式のみでしょうけど。
ほぼほぼ楽天に決まったので、どのような商品を選択していくか検討していこうと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

パーサモウニアス

Author:パーサモウニアス
手取り17万なのに家賃7万で生活できるのか?
そんな無謀な生活を続けるために、日々の節約や家計簿を淡々とつけ続けるという実験日記です。
投資ド素人サラリーマンが資産運用に興味を持ち始め、それらの記録がてらブログを始めました。
資産運用の基本方針

日経電子版に紹介されました
パーサさん、月16万生活で資産形成(投信ブロガー)

150411開始
2016年、FP3級を取得
twitter始めました。
@parsimonious_16

mail:
parsimonious16@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
-FX (2)
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
免責事項
当ブログに掲載する情報には充分注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。当ブログ使用及び、閲覧によって生じた如何なる損害にも責任を負いかねます。 投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。