FC2ブログ

ドラッグストアの医薬品で節税?~OTC控除新設の話~


この前の3連休が超絶暇だったので、日曜日にドラッグストアに行きました。

ふとレジを見ると、見慣れぬポップに見慣れぬフレーズが。
「御触書:”セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)”なる制度が始まり候。レシートは捨てずに保管されたし。」的なことが現代文で書いてありました。

税金控除?これは調べるっきゃない!というわけで、セルフメディケーション税制という制度について調べてみました。


にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村
セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について 厚生労働省
ここに書いてありました。
セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。

1大綱の概要
適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一 定の取組(※1)を行う個人が、平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に、自己又は自己と生計を一に する配偶者その他の親族に係る一定のスイッチOTC医薬品(※2)の購入の対価を支払った場合において、その年中 に支払ったその対価の額の合計額が1万2千円を超えるときは、その超える部分の金額(その金額が8万8千円を超え る場合には、8万8千円)について、その年分の総所得金額等から控除する。
(※1)特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診
(※2)要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品 (類似の医療用医薬品が医療保険給付の対象外のものを除く。)
※注)本特例の適用を受ける場合には、現行の医療費控除の適用を受けることができない。
2制度の内容
■対象となる医薬品(医療用から転用された医薬品:スイッチOTC医薬品)について
○ スイッチOTC医薬品の成分数:82(平成27年12月1日時点) - 対象となる医薬品の薬効の例:かぜ薬、胃腸薬、鼻炎用内服薬、水虫・たむし用薬 、肩こり・腰痛・関節痛の貼付薬 (注)上記薬効の医薬品の全てが対象となるわけではない - 具体的な対象医薬品の範囲等は、税制改正法案成立後、関係者と協力して周知を行っていく。


なるほどわからん。

ざっくり要約してみます。
上記のリンクをご覧頂いてご理解いただければこれ以降は読み進める必要はありません。

そもそもOTC医薬品って?
OTC=over the counter カウンター越し
医者に処方してもらうんでなく、一般のカウンター越しに買える医薬品です。

セルフメディケーションって?
※セルフメディケーションは、世界保健機関(WHO)において、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と定義されている
何でもかんでも医者に頼るんじゃなくて、自分でできる治療は自分でしてね。ってことですかね。

この制度の概要は?
自分で健康管理するのにかかった医療費を所得控除しちゃるよ。
一家族ごとに年間12000円までは自分で負担してね。それを超えた部分は所得控除するよ。
生活習慣病に関わる健康診断等・予防接種・がん検診等の費用が対象だよ。
一部の承認されたOTC医薬品の代金も対象だよ。

一部のOTC医薬品って?
医療用から転用された医薬品≒スイッチOTC医薬品だよ。
項目は上記のリンクにあるから参考にしてね。医薬品名の羅列で見にくいって?そこは頑張れ。

ーーーーーー
有効成分の一覧を見てもわかりにくいですが、聞き覚えのある風邪薬(ベンザブロック・ルル等)の他、・ロキソニンS・メンソレータム・ムヒ・フェイタス・バンテリン・・・とCMでも馴染みのある名前が並んでいました。
税制度改正に伴って、パッケージに「税控除対象商品」の表示をしている薬も並んできているようです。

ちなみに、どうやって税金を控除してもらうのでしょうか。

4 健康の保持増進及び疾病の予防への取組(一定の取組)の証明方法について
この税制を利用するためには、その方が、その年中に健康の保持増進及び疾病の予防への取組(一定の取組)を行い、確定申告書の提出の際に、当該取組を行ったことを明らかにする書類を添付又は提示する必要があります。必要書類については、以下のチャートをご参照ください。

チャートについては上記のリンクの4の項目をご参考ください。

ようするに、確定申告で控除を受けるので、証明書が必要になります。
OTC薬品については、レシートを保管することが必須のようです。

医療費控除の10万に届かなくても、この新制度で医療費を取り返せるようになるかもしれません。
医薬品を購入の際は、税控除対象かどうかもチェックしたらよいかもしれません。
そして、レシートを捨てないように注意しましょう。



蛇足
保険を使って医者にかかる事による保険医療費より、この税金控除を適用したほうが医療費負担が減るという魂胆なのでしょうかね。
従来の医療費控除は10万という壁がとても高く感じていたので、それと比べるとより活用しやすい制度かもしれません。
予防接種や健康診断も受けやすくなるでしょうね。
予防や早期発見で早めに処置することで、全体では医療負担が減るのかもしれません。

私は健康診断やインフルエンザの予防接種は会社が負担してくれているのでさほど恩恵がないかもしれませんが、これを機に常備薬をそろえるべきか一度検討しようと思います。


この税制度自体はまだまだ浸透していないというのが私の印象ですけど、医薬品関連の株価はどうなりますかね?
セルフメディケーション税制対象医薬品を扱う会社は株価が上がるとかそういう動きはあったのでしょうか。
この税制の決定自体はもっと前から決まっており、会計士のブログなどでは取り上げている記事もありました。
情報が早い人は、きっと目につけていたんでしょうなぁ。


にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

パーサモウニアス

Author:パーサモウニアス
手取り17万なのに家賃7.5万で生活できるのか?
そんな無謀な生活を続けるために、日々の節約や家計簿を淡々とつけ続けるという実験日記です。
投資ド素人サラリーマンが資産運用に興味を持ち始め、それらの記録がてらブログを始めました。
資産運用の基本方針

150411開始
2016年、FP3級を取得
twitter始めました。@parsimonious_16

mail:parsimonious16@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
-FX (2)
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
免責事項
当ブログに掲載する情報には充分注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。当ブログ使用及び、閲覧によって生じた如何なる損害にも責任を負いかねます。 投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。