FC2ブログ

(駄文)ドラマ・カルテット、面白かった


唐揚げもアジフライも、美味ければ何をかけてもいいけど、何もかけなくても美味いのが最高!こんばんは、パーサモウニアスです。

ドラマってみてますか。私は、シーズンによってドラマ見たい時とそんな余裕がない時と浮き沈みが多いですが、最近は退屈なのもあって、割と見てます。
気になるタイトルは一通り録画して、1.5倍速で見て面白ければちゃんとみる。
つまらなければそれで終わり。全く面白くないのは、続きを録画するのすらやめて、最終回だけチェックしてます。

突然ですが、明日結婚します、は全く共感できず、途中でやめました。心境に全く共感できないし、そもそも美男美女で敵対心しか芽生えないし。いい男に揺れる女子心は、私にはついていけませんでした。
就活家族、嘘の戦争、日暮旅人、嫌われる勇気は、まぁ、そんな感じだよねって。
タラレバ娘はそこそこ面白かったけど、こういう系は絶対ダメな要素がある。
優柔不断で女性慣れしてなくて、一度は主人公に振られた経緯があり、仕事で頑張ってる優しい好青年で紆余曲折あったものの、主人公と付き合えることになって同居話まで行くんだけど、主人公の女性が別の男性に気があるのに気づいてしまって、見て見ぬふりをできず、かっこつけて別れてしまう・・・こういう不器用な恋愛をしている人に感情移入してしまって、ストーリーではハッピーエンドでも自分の中ではバッドエンドになってしまうんです。切ない。

そんなの中、続きが気になって毎週楽しみにしていたドラマがありました。
それがカルテットです。
周りでカルテットを見ている人がいないので、自分一人、胸の裡で騒いでいます。

最近のドラマは1話完結型が多くて、どこから見ても楽しめるけど、今一つ全体のまとまりがないものが多いです。
大きな謎や課題を引きずりつつ、毎回ストーリーが続くのもありますが、今一つのめり込めない。

そんな中、カルテットは、登場人物それぞれの背景や人間模様が複雑に絡み合い、嘘を基軸に少しずつ解きほぐされていくストーリーがとても面白かったです。
毎回単発として見るよりは一話目からきちんと張られた伏線を見るのが良いと思います。突拍子もないフィクションではなく、人間味あふれる”まさか”が次から次へと出てきて、毎回”まじか・・”と驚嘆させられました。

昔から役者でドラマを選ぶことが多く、大島優子さんのでてるタラレバ娘はまさにそんな感じだったんです。一方カルテットは、松たか子さんは有名ですが、他はさほど思いいれがある役者ではなく、何の期待もしないで一応録画だけしておこうという感じでした。
今後は、役者だけでなく、脚本家や監督で選ぶ必要があるなと感じさせられました。
今回のドラマは脚本家坂元裕二オリジナルのストーリで、それでこれだけ面白い作品ができるなんてすごいなと感じました。

ストーリーもさることながら、セリフも魅力的ですよね。上辺じゃない本質を突くセリフに、心揺さぶられるというか、思わず納得させられてしまいます。シリアスな場面でもコミカルな場面でも、そういう”ミゾミゾ”させられる言い回しがでてくるのがいいんでしょうね。
私が一番ミゾミゾしたのは、第3話。父との確執があるスズメが、父の死に際に病院に行くか行かないかで葛藤しているときに、真紀さんが、「軽井沢帰ろう。行かなくていいよ」といったシーン。そう言えるドラマって中々ないような気がします。スズメさんはその言葉に救われたのがとてもよく分かって、感動とは違うんですが、心揺さぶられるものがありました。
しかもその後、”父との確執に理解を示す真紀さん”というのが伏線になっているとわかってさらにミゾミゾしました。

また、ダイレクトでない表現、含みを持たせたセリフのないやり取りも好きです。このドラマでは、誰もが視線でそれぞれの心境を表すのが上手でしたが、淀君のような悪女たる吉岡里帆さんが特に印象的でした。
凄いを通り越して怖いでしたよ。スズメさんにお金を借りるシーンとか特に。
ちなみに吉岡理帆さんは、CMバンバン増えていますね。カルテットの影響でしょうか。高橋一生さんもCMにちょこちょこでてますね。

一度好きなことを語りだすと、言いたいことが溢れ出して姦しくなってしまうのでこの辺にしときますが、最後に、最終話の終わり方について。
はっきりとは表現しない、含みを持たせた終わり方がとても印象的で、気になる終わり方でした。
その後ネットサーフィンして、最終話のラストについて考察を色々拝見しました。それぞれ捉え方が違って、興味深いです。
私の中では最初は、やっぱり真紀さんはやっぱり黒で、その本音がこぼれてしまってスズメちゃんにだけ本音を伝えたのだと思っていました。
でも、ネットサーフィンをしていく中で、「真紀さんは最後、司のことが好きになって、それがこぼれてしまった。それを(司のことが好きな)スズメちゃんに『秘密ね』、と伝えた。」という解釈に出会いました。これが一番好きです。
結局のところ、はっきりした答えはわからないんですけど。
でも、白黒つけずグレーだからこそ奥行きが生まれて、僕らも自由を手に入れてあれこれ考えられるんですよね。流石だと思いました。


、、、、

こういうのを共有できる人がいたらいいんですけどね。
なんで彼女が欲しいかって、美味しいとか楽しいとかを共有したいからなんだって最近思います。SNSでの共有は軽薄というか、薄っぺらい感じがしてしまうし、実際に同じ体験をした人とじゃないと本当の共有ってできないと思います。
一人で楽しいことをする事に飽きました。切実に生きればこそ、好き嫌いの白黒をつけるのは恐ろしいですが、でもやっぱり好きな人には気持ちを伝えないといけないですね。
まずは、そういう相手すらいない現状をなんとかしなければいけませんね。

ドラマを見て、自分の恋愛モチベーションを上げるのは悪くないと思います。
・・・私は33歳で彼女がいないので、”火照りまくり”ですね。



くだらない文章ですみません。
お付き合いいただき、ありガトー、ショコラ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

パーサモウニアス

Author:パーサモウニアス
手取り17万なのに家賃7.5万で生活できるのか?
そんな無謀な生活を続けるために、日々の節約や家計簿を淡々とつけ続けるという実験日記です。
投資ド素人サラリーマンが資産運用に興味を持ち始め、それらの記録がてらブログを始めました。
資産運用の基本方針

150411開始
2016年、FP3級を取得
twitter始めました。@parsimonious_16

mail:parsimonious16@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
-FX (2)
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
免責事項
当ブログに掲載する情報には充分注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。当ブログ使用及び、閲覧によって生じた如何なる損害にも責任を負いかねます。 投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。