FC2ブログ

私はクリエイトレストランツHDの優待3000円分をこう使った


5月の家計簿を今日ブログにまとめてる人はとてもまめでえらいなと思います。
私はゆるゆるなので、気が向いたときにまとめます(笑)

今月は外食が多いのでまとめるのが怖いです。

そういいつつ、今月末は外食三昧でした。
というのも、クリエイトレストランツHDの優待が今月末までだったのです。
今日の話は、こちらのブログの続きというか、完結編ということになります。
クリエイトレストランツHDの優待の使いどころを探すべく東奔してきた

500円6枚の優待で使いやすいですが、3回に分けて1000円分ずつ使いました。

写真もありますので、続きは下に。


にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村
色々検討しましたが、まずは上野公園のpark side cafeというカフェで2回使いました。

肉と野菜を摂りたいと思い、最初はビーフと野菜のカレーにしました。
20170531-02.jpg
オシャンティですわ。
野菜だけでもとても美味しかったです。ビーフの味とマッチしてました。もちろんビーフたっぷりのルーも美味でした。
20170531-01.jpg
写真、縦撮りと横撮りどっちがよいですかね。絵的に横の方がいいでしょうか。


閑話休題、2日目は同じく上野のカフェで、パスタに挑戦しました。
20170531-03.jpg
野菜が取れるパスタです。春ということで筍が特に印象的でした。
とても美味しくまとまっていました。

ボリュームが今ひとつなので、男性には物足りないですかね。私はちょうど食べ過ぎ気味で食欲がなかったのでちょうどよかったです。

これら、カレーとパスタはどちらも1190円でした。
優待だけでは賄いきれず、190円出しました。
それでもとても満足です。

夕暮れ時、スターバックスを背景に、仕事帰りのサラリーマンや学校帰りの若者たち、犬の散歩の人や観光の外国人など、公園を行きかう人の横で、オサレなカフェディナーを頂きました。
腹八分目ですが、雰囲気を楽しむ点ではよかったです。

でも、できれば追加でお金を払わず、おなか一杯に食べたいときもあります。
そんなわけでラストはラーメン屋”つけめんTETSU”へ行きました。
20170531-04.jpg
ここでは、つけ麺以外もありますが、やはり看板のつけ麺を食べることに。
普通のつけ麺と、暖かいかつおだしに入った暖かいつけ麺があり、今回は後者を選びました。
840円なので、1000円に近づけるべく、150円の野菜を追加しました。990円でこのボリュームです。
麺は追加料金なしで200g、300g、400gから選べるので、今回はがっつり300gを選びました。
パスタは標準100gぐらいだったのかなと思うと、300gってすごい量ですよね。
正直、満腹で腹が張るほどでした。200gでちょうどよいです。

スープの味も私好みで文句なしでした。コスパを重視するならラーメン一択、健康を考慮してカフェの比重を高めました。

今回は全部夕飯だったため、このような使い方となりました。
次回以降はもう少し計画的に行動し、安いランチで他のブランド店も挑戦したいなと思います。

株主優待狙いの投資は、こういうのが楽しいですね。評価損益もプラス圏内なので満足してます。
配当利回りが期待以下なので考え物ですが、もうしばらく保有したい銘柄です。


にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

パーサモウニアス

Author:パーサモウニアス
手取り17万なのに家賃7.5万で生活できるのか?
そんな無謀な生活を続けるために、日々の節約や家計簿を淡々とつけ続けるという実験日記です。
投資ド素人サラリーマンが資産運用に興味を持ち始め、それらの記録がてらブログを始めました。
資産運用の基本方針

150411開始
2016年、FP3級を取得
twitter始めました。@parsimonious_16

mail:parsimonious16@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
-FX (2)
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
免責事項
当ブログに掲載する情報には充分注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。当ブログ使用及び、閲覧によって生じた如何なる損害にも責任を負いかねます。 投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。