FC2ブログ

去年は残業時間5時間、年収433万、残業代は1万でした


世間はボーナスの話題で持ちきりのようですね。
なぜこの時期なのでしょう。不思議に思っていたら、世間一般は6月がボーナスの支給のようですね。
私の会社は未だに支給額の通知すら来ていません。
例年6月下旬から7月上旬に支給されるので、楽しみにしています。

5年ぶりにボーナス支給額が減少したというニュースもありましたが、それでも平均は90万!すごいですよね。
一方で、支給されない企業もあるとかで。
折角働いてきてて、会社もそれなりの成果を上げているのにボーナスがもらえないのは、逆転ホームランを打って貢献したのにホームベースを踏み忘れてアピールアウトをくらう位切ないです。
最も、うちの会社は赤字経営が続いていて毎年ボーナスが減り続けていますが・・・切ない。

ニュースといえば、残業に関わるニュースや事件も最近多いですね。
残業時間の上限を決める方針が出てるそうで、ざるどころかグリル網状態の労働基準法が少しはましになるとよいのですがね。

といっても、残業時間80時間とか100時間とか言われてもピンと来ないのです。
現在、基本残業がなく、帰ろうと思えば17時半過ぎに帰れる職場で働いています。勉強や自習のために調べ物などをすることが多く、もっと遅くまでいることがほとんどですが、残業らしき残業はほとんどしていません。

そんな中、ボーナス云々の記事を見て、自分の去年のボーナス支給額を調べるうち、残業時間についてどのぐらい申請したか気になったので1年分振り返りました。


にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村
といっても、タイトルにある通り、5時間だったわけですが。
去年の3月に残業が生じ、4月に残業代が支給されました。
保険料に響きうるのでちょっといただけないですね。3月の残業代を7月受取とか柔軟にしてくれたいいのにと思いました。

残業時間の平均や他の人の事情も気になりますがさておき、気になるのは残業代を除いた年収の部分。
残業代の支給額は9900円でしたので、それを除いた年収は432万になります。

残業抜きの年収432万は、東京勤め33歳独身男性BMI21.2の場合、どうなんでしょうか。
お金の話に割とオープンな大学の友人に聞くと、残業がちょくちょくあって400万前半と聞いています。
それと比べると、ベースはそこそこなのかなと感じました。

残業がほとんどないということは、逆にこれ以上増える可能性も低いということですので、ライフワークバランスを充実させるにはよいですが、資産形成の上では上値が限られるのもよしあしです。
折角与えられた余暇の一部は、資産形成のために費やす必要がありそうですね。

上限が限られると分かっているので、自分をセーブしやすいというのもあります。毎月の支出16万を軸に、メリハリのある生活を続行中です。引き続き、色々と模索しながら資産運用を継続したいと思います。
まずは5月の家計簿をまとめねば・・・。


にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

パーサモウニアス

Author:パーサモウニアス
手取り17万なのに家賃7.5万で生活できるのか?
そんな無謀な生活を続けるために、日々の節約や家計簿を淡々とつけ続けるという実験日記です。
投資ド素人サラリーマンが資産運用に興味を持ち始め、それらの記録がてらブログを始めました。
資産運用の基本方針

150411開始
2016年、FP3級を取得
twitter始めました。@parsimonious_16

mail:parsimonious16@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
-FX (2)
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
免責事項
当ブログに掲載する情報には充分注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。当ブログ使用及び、閲覧によって生じた如何なる損害にも責任を負いかねます。 投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。