FC2ブログ

私がスイス株投資に至るまで~No.01 スイス株投資のきっかけ


この度、スイスフラン投資を行う事にしました。

私がスイス株投資に至るまで~No. /
No.00 スイスという国とスイスフラン
No.01 スイス株投資のきっかけ
No.02 スイス株への投資方法
No.03 証券会社選び
No.04 銘柄選定
No.05 スイス株はじまりました
No.06おまけの雑感
No.07初めの保有銘柄と運用成績

“私がスイス株投資に至るまで”をシリーズでお送りいたします。
第一回はそもそもの動機についてです。

※当記事は私の資産運用の実践を表現したものであり、個別銘柄、および、スイス株投資そのものを推奨するものではありません。投資は自己責任でお願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
・これまでの資産運用

私は2014年にNISAを開設し、その頃から本格的に投資を始めました。現在は色々な運用手法を試しています。円建てでは、個別日本株、投資信託、ソーシャルレンディング、預貯金、国債を保有しています。投資信託を買う時に良く聞くのは、「同じかごに卵を盛るな」というフレーズです。国内外・株や債券を分散させて投資することで、どれかが駄目でも全滅は防ごうというものです。それの延長で、資産を円だけで持つのではなく、世界の基軸通貨であるドルを保有し、これを運用することで、より効率的に、分散をかけて投資を行うようになりました。実際、経済大国アメリカは投資環境もよく、利回りやパフォーマンスの良いETFがごろごろと転がっています。円高の時はドル建ての投資を多くし、円安の時は円建ての投資を積極的に行う事で、効率よく資産運用したいと考えています。あまり具体的な目安はありませんが、ドルは多くても50%程度と考えています。円で生活している以上、円の必要性がなにより高いためです。

今年に入って、北朝鮮のミサイル訓練が活発になった時期がありました。この報道に連日さらされるにつれ、有事の際の危機感というものがじわじわと頭をよぎるようになりました。有事の際には、株価は下落するでしょう。日本が攻撃されたら、円は安くなるのか高くなるのかはわかりませんが、為替に影響が出る事は間違いなしです。

また、世界各所でテロが起こっており、その度に株価や為替が大きく乱高下するのを眼にします。このことから、「円やドルだけでは心もとないのではないか。有事の際の安全資産も保有しておきたい。」と思うようになりました。

・安全資産
有事の際の安全資産、そう聞いて、一番最初に思い浮かぶのは金Goldでした。

確かに、株も債券も下がるような局面では、現物資産のニーズが高まるようです。しかし、以前どこかのブログで見かけたのですが、“有事の際、ドル建てでは確かに金Goldの資産価値は上昇する。しかし、円建てではさほどの変化は見られない”といった趣旨の記事をお見かけしました。世界経済の観点から言えば、日本円は安全資産と位置付けられています。従いまして、テロや国家間の争い事、政治的な節目等、先行き不透明な時は、株価が鈍るだけでなく、円が安全通貨として買われ、円高になる傾向が多いです。つまり、ドルをベースに考えると、有事の際は円も金Goldも買われる傾向にあるということです。これでは、折角現物資産を持っていても、有効な分散とはならないのでは?そう思いました。

 また、いざ金Goldを持とうと思うと、厄介な壁に当たります。一つは、現物資産は保有コストがかかる点です。現物で持つのはリスクが高いです。神棚に飾るわけにもいかず、たんす貯”金”に預けるわけにもいきません。金庫を買うとなるでしょうが、それだけで金moneyがかかります。場所も取るし物々しいしで、あまり好まれる方法ではありません。銀行等の貸金庫を借りるとなってもやはりコストがかかります。かといって、ETFで金をもっていても、年間の手数料は支払わなければなりません。資産を守るつもりが、じわりじわりと資産が減っていく結果に成りかねないのです。

もう一つのネックは、現代科学では限界があり、金Goldをほっといても増えない事です。あと100年もすれば、ネコ型ロボットが4次元ポケットからバイバインを取り出して金Goldにふりかけ、あれよという間に指数関数的に増やしてくれる世界がやってくるかもしれませんが、22世紀までは待っていられません。株やETFであれば配当や分配があり、少しずつ資産が増えていきます。ほぼ無リスク資産である国債や定期預金でも、わずかながらプラスを狙えます。金Goldの運用はそれらの感覚とはちょっと違い、かなり保守的な資産クラスと言えそうです。折角ならば、安全資産といえど、少しずつでも増えていくような運用を行いたいと思いました。

少なくとも私の様な庶民は、あえて金Goldのようなコモディティを保有しなくても良いと考えています。コストは確実にかかるのに、増える事がない資産に投資するのはもったいない気がしてなりません。

・候補選び
そもそも、世界経済の観点から言えば、定期的な円の収入があることは、資産運用の点で大きな利点があると感じました。安全資産である円を毎月会社から頂ける仕事の継続は、それ自身が超保守的で、最も着実な資産運用であるという考えに至りました。その上でなお、円だけでない分散運用をしたいという考えは、欲張りなのだと思います。また、方法は限られてきますし、ある程度のリスクをとらざるを得ないとなります。それでも何か方法はないかと思い、次の条件に当てはまる運用先を検討しました。

1.円以外で、円と同等かそれ以上にリスクが低い
2.投機ではなく投資
3.費用対効果が大きい
4.サラリーマンでも運用が容易
5.少額から可能
6.仕組みが良く分かる

円は安全性が高いため、あえて分散させるなら、それなりに安全性の高い分野に投資しなければ、あまり意味がありません。新興国通貨等はいずれも為替リスクがあり、円よりも安全性が低いケースがほとんどと思われます。ソーシャルレンディングや社債も検討しましたが、前者は不透明な部分があり、リスクが高く、後者は拘束期間が長いです。そして、いずれも円建てに変わりはありません。

ギャンブルは論外ですが、ビットコインなどのリスクが高い商品も扱いたくありませんでした。FXは投機の面が強いです。スワップ金利を狙うのであれば、通貨の分散となるため、現在の目的には適合するかもしれません。しかし、多くは円建てで、円を売って外貨を買う取引であり、それでスワップ金利が得られるという事は即ち、円よりリスクの高い外貨を選択していることになります。金利が高いという事はそれだけ信用リスクが高いからです。

前述の通り、金Goldの保有それ自身では増えない割にコストがかかります。“目先の利益にとらわれがち、長期視点を持て”と言われるかもしれませんが、金Goldを買うくらいなら、円建て債券や定期預金ロンダリングでコツコツ稼いだ方が確実だと考えています。確かに現物資産は無くならないですし、持っているとかっこいいんですが、少なくとも私は、現物資産はもっとお金money持ちになってからで十分と考えています。費用がかかっても、それ以上のリターンが明確な投資を行いたいと思いました。

いっそ、副業でも始めて、円の収入源の分散をしようかとも思いましたが、仕事の波があり、忙しい時は他の事をする余裕はありません。サラリーマンとして本業の収入をきちんと確保しつつ、そこから稼いだ円の一部を投資に回すのが理想的です。

お金は有限です。メインは円を稼ぐことで、米ドルにも投資しています。あくまで第三の資産として投資先に預けたいので、そんなに多くのお金はかけられません。最近は不動産投資が活況な印象を受けていますが、これは少額では始められません。「手持ち資金0からでも始められます」というフレーズを見かけますが、数千万の借金を背負う事になります。「家賃からローンを引いても、毎月1万プラスですよ。不動産を保有しつつ、毎月1万ずつもらえるんです。もちろん、元手が多ければ毎月のプラスは多くなります!」こんな誘い文句も見かけますが、シミュレーションが甘すぎます。家賃の改悪、修繕費、固定資産税、その他余計なお金がかかるイベントが盛り沢山です。また、店子がすぐに見つかるかは不透明ですし、毎月きちんとお金を納めてくれる保証はありません。訴訟になれば手間も金もかかり、神経もすり減ります。家賃が高ければ、それに反比例してトラブルも減るようですが、家賃が高いという事は、物件もそれなりに高くなるという事です。もしも不動産を持つなら、第三の資産等と悠長なことは言ってられません。確かに、みんなの大家さんなど、少額から始められる不動産投資もあります。しかしREITもありますし、私が今少額投資しているソーシャルレンディングは、不動産系の事業に投資しているものが多く、分散の観点から望ましいものではありません。年収400万台、貯蓄800万、株や海外ETFをそれなりに楽しんでいる私が手を出すべき資産ではないと結論付けました。

なお、投資ではなく、自分が利用するための不動産の保有については、場合によっては有益だと思っています。ある程度検討はしていますが、転職リスクもありますし、独身なので積極的に購入したいとも思っていません。買うなら中古で築浅のマンションか一戸建てが良いと思っています。広めの家にすれば、民泊で小遣い稼ぎはできるかもと妄想しましたが、日曜日は野球があるため、土曜日しか空きがなく、翌日日曜は朝が早いため現実的ではありませんでした。いずれにせよ、不動産の優先順位は低いままとしています。

ワイン投資、和牛投資、など、消費財をもらえるものに投資するのは、分散の観点から言えば悪くないかもしれません。ただし、ここに上げたものは、結局うまく回らずに無くなりました。このような仕組みが良く分からないものは敬遠します。クラウドファンディングは物やサービスのリターンが一般的ですが、投資額に対するリターンが見合っていないため、投資として行うのは違うように思います。ふるさと納税は、仕組みが明快で、リターンも納得ができるものですが、増やしたいというニーズには応えられないですし、私の場合は年間5万円が限度なので、規模も小さめです。その他、ビンテージ物への投資、コレクション投資など、物を保有して、市場の価値が上がるのを待つ投資もありますが、勝手に増える事はありませんし、目利きができないといけないため、難度が高いです。もっと明確に増やせる投資を行いたいと思いました。

新興国通貨は駄目、不動産は駄目、現物資産は駄目・・・このように色々と検討してみた結果、出来る投資方法は限られて行ったのです。結局、候補として残ったのは、先進国の通貨のみとなりました。

・世界最強通貨が欲しい
先進国の通貨は、ユーロ、オーストラリアドル、シンガポールドル等々、いくつかあります。米ドルは既に持っているため、円、米ドル以外となります。そんな中、地政学的リスクが低く、経済もしっかりしていて、最も信頼のおける通貨として知られる通貨がありました。それがスイスフランなのです。第三の資産として、スイスフランを増やす仕組みを構築して見たい。これが、スイスフランを選んだ理由です。

しかし、そう簡単には増やせません。安全性が高く、所有者が増える程、利回りは下がります。どうやったら増やせるのか?その方法を次回考察します。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

パーサモウニアス

Author:パーサモウニアス
手取り17万なのに家賃7.5万で生活できるのか?
そんな無謀な生活を続けるために、日々の節約や家計簿を淡々とつけ続けるという実験日記です。
投資ド素人サラリーマンが資産運用に興味を持ち始め、それらの記録がてらブログを始めました。
資産運用の基本方針

150411開始
2016年、FP3級を取得
twitter始めました。@parsimonious_16

mail:parsimonious16@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
-FX (2)
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
免責事項
当ブログに掲載する情報には充分注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。当ブログ使用及び、閲覧によって生じた如何なる損害にも責任を負いかねます。 投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。