FC2ブログ

171024 丸紅 売り -NISA口座の出口戦略


日経平均はまさかの16連騰。
これって、バブルなんでしょうか。
私はバブルを経験していないので何とも言えないのですが、株価が上昇してわんや騒いでいる勢力がある一方で、全く無関心で影響のない生活を続けてる人が当時もいて、周りの雰囲気にのまれて株に手を出した人が手痛いしっぺ返しを食らい、無関心層は全く影響のないままだったのでしょうか。

私はどうしてもこの得体のしれない上昇ムードに落ち着かず、ポジション減らしたい衝動に駆られ、丸紅を売却しました。


にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村
丸紅は総合商社の一角。
総合商社系はいずれも利回りが良いので、配当利回り目当てでNISAで購入しました。
購入は2014年12月。もうすぐ3年が経ちます。

さて、NISA口座の最大のメリットは、売買益と配当が非課税なことである一方、売却損になっても損益通算ができないというデメリットがあります。
従って、極力プラスで売り抜けることが必須となります。

では、どうやって売却を決断するか。
私は普段、NISAで受け取れる配当額<売却益 を目安にしています。
今回の丸紅であれば、NISAの残りは約2年。この先NISAで受け取れる配当額よりも、現時点の評価益が上でしたので、売却の条件に達していました。
また、チャートを見ると高くても800円に天井ラインがあり、これを突破するのは難しいのではないかと感じ、現時点で保有している株とも比較しましたが、最も売却に適していると判断し、売却いたしました。

なお、この理屈でいくと、NISA口座で購入した銘柄の株の配当配当金×5年分 をうわ回る評価益が出た時点で売却することになりますが、それ以上上昇する可能性もあるので、この公式だけで売却判断するのは、機会損失の可能性も残します。
今回も、さらなる上昇余地があったにもかかわらず、早々に手放してしまったということも十分あり得ます。
しかし、売却タイミングはほんとに難しいので、今回はまぁよしとします。

それよりも、含み損が救いようがない銘柄がちらほらあって、そっちをどうするかがほんとの悩み・・・。

2014年から始まったNISAの最初の期限までは余裕がありますが、半分以上過ぎ去ったというのもまた事実。
NISAの出口戦略については、ほどほどのところで引き上げるのが吉と考えていますが、まだまだ手探り状態です。


にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

パーサモウニアス

Author:パーサモウニアス
手取り17万なのに家賃7.5万で生活できるのか?
そんな無謀な生活を続けるために、日々の節約や家計簿を淡々とつけ続けるという実験日記です。
投資ド素人サラリーマンが資産運用に興味を持ち始め、それらの記録がてらブログを始めました。
資産運用の基本方針

150411開始
2016年、FP3級を取得
twitter始めました。@parsimonious_16

mail:parsimonious16@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
-FX (2)
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
免責事項
当ブログに掲載する情報には充分注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。当ブログ使用及び、閲覧によって生じた如何なる損害にも責任を負いかねます。 投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。