FC2ブログ

#資産運用EXPO 参加してきました

テレビ東京のモーサテでは個人投資家を紹介するコーナーが始まったり、NHKのあさイチの特集でつみたてNISA&iDeCoが取り上げられたり、投資に対する世間の注目度がじわじわと高まっている感じがします。
一方、投資と投機の違いすら分からないままとんでもない商品に飛び込んでしまったり、最近では仮想通貨関連で大きなトラブルが取り上げられています。

良くも悪くも、お金を働かせて資産を増やしたいという関心やニーズが広まっている印だと思います。
そんな情勢を反映してか、今週、東京ビッグサイトで”第1回資産運用EXPO”が開催されました。
出展企業は120前後で、半数近くかそれ以上が不動産投資、他に、太陽光発電や風力発電などのエネルギー関連、仮想通貨関連、証券関連、金などの実物資産関連、他にもコインランドリーやソーシャルレンディング等々、様々な投資を売りにする会社が軒を連ねていました。ちなみに、野菜ETFを扱っている会社は今回は見かけませんでした。
これだけ聞くと、”えっ、大丈夫?”と思うかもしれません。私自身もそう思いつつ、興味があるセミナーもあったので、警戒心MAXで行ってきました。
新しい投資方法や投資先を探すのではありません。このようなイベントに出社するのはどんな会社なのか。どのようなセールスを行うのか。こういうイベントに来るのはどういう人がいるのか。資産運用EXPOの状況を知りたくて潜入してきました。
それと、一番の目当ては、とあるセミナーです。
「初心者におすすめ!少額からはじめる積立投資~つみたてNISA・iDeCoの活用法~」
出展企業もセミナーも玉石混淆の中で、このセミナーを選ぶ人はどんな人か?そういう人に向けてどんな話をするのか?とても興味がありました。

日記風に書き連ねますので、先にセミナーの結果だけダイジェストでお伝えしますと、
「30代から40代の男性がマジョリティ。白髪の男性もちらほらいますが、若めの人が多い印象。一人が多い。男性9割。女性は夫婦やカップルで来ている人がほとんどだが、中には女子友で参加する人も。一人の女性は少ない。
内容は、資産運用における”リスク”の意味といった基本的な話から、各制度の仕組みやメリット等、初心者向けの話で、”時間と資産の分散投資”を軸に、わかりやすく説明されていた」
です。
ターゲットとなる層に参加してもらってたんじゃないでしょうか。約550人ほど入る会場がほぼいっぱいだったことから、それなりの関心の高さが伺えました。NHKのあさイチの反応がいまいちだったので、今一つ不安だったのですが、きちんと伝わっている人には伝わっていて、興味がある人がいるんだと安心しました。
これからの課題は、なかなか伝わっていない人に繰り返し繰り返し情報を与えて興味を持ってもらうことでしょうね。

さて、それでは本日の振り返りに入っていきます。
会場の東京ビッグサイトには、開始直前の10時前に到着しました。
180127-02.png
ビッグサイトに行くのは、「駄文 ハンドメイドインジャパンフェスに行ってきた」 の時以来です。

・不動産会社の話
事前登録という名の個人情報流出によって参加費は5000円が0円となりました。
会場は広く、各社ブースの展示に気合を入れていて、金かかってるなというのが第一印象でした。
180127-07.png
こんな目を引く会社もありましたよ。雑誌の最後の方にたまに載ってる、”美女に囲まれ金の風呂に入った写真”を撮ることができました。こんなキャッチーな「老後に必要な資金1億円」の主張を見たことがありません。

11:30からのセミナーに興味があったのですが、セミナーは数日前には事前予約で満員で、前日に私が確認した時には、キャンセル待ち整理券予約手続きが必要でした。セミナーの事前予約を知らず、当日のキャンセル待ちすらできない人もいるほどでした。
その整理券配布が11時からだったので、どうやって時間を消費しよう・・・と考える間もなく、出展企業の人から勧誘の嵐。大学1年時代のサークル勧誘のような熱気と圧力で潰されそうになりながら、やんわりと勧誘してくれた不動産のブースへ。「私は、不動産投資には興味はありません。収入的にも資産的にも時期尚早だと考えています。」そう伝えたのですが、それでもお話だけでもというので席に着きました。
紹介する物件の話や利回り、立地や不動産動向など話を聞きました。当然ながら実際に契約には至らず、それでも丁寧な説明と”ファーストコンタクトは成功なのでwinwinです”という雰囲気で和やかに席を後にしました。

・ソーシャルレンディングの動向
無事11:30からのセミナーに参加できました。内容はソーシャルレンディングです。私は今回のセミナー会社とは別で運用しているのですが、少し興味がありました。
米国で始まったP2P=人から人への融資 を皮切りに個人から個人への融資が始まり、日本でも2008年にそのスタイルで運用が開始され・・・といった、ソーシャルレンディングの歴史に触れることができ興味深かったです。
セミナー後、今回のセミナーを主催していた会社のブースに行き、少し話を伺いました。現在のソーシャルレンディングに比べ、短期のものが多い・利回りは同等・出金手数料がかからないというメリットが聞けて、開設したいと感じました。ネットで眺めているだけでなく、実際に人から説明されると説得力が違いますね。

・各社、餌で釣る戦略
その後、色々と見て回りました。
道行く人に、少しでも立ち止まってもらおうと、各社工夫を凝らしていました。
180127-0.png
時価1.7億が目の前に!もちろん、警備員さんが常駐です。

不動産が多い中で、私が気になったのはこの会社。
180127-01.png
ニッチで面白そうです。

金財も出展していました。
180127-03.png
そういえば、明日はFPの試験ですね。FP3級の資料などがありました。

各社工夫する中で一番多いのは、アンケートに答えると○○プレゼント というものです。
アンケート用紙の配布を切っ掛けに投資状況などの会話の糸口を作り、セールスしようというものです。また、名前や住所、電話番号を記入させられるので、個人情報を手渡す代わりに粗品をプレゼントという戦略を取る社が多かったです。私もまんまとその戦略に乗っかってきました。
そしたらなんと・・・
180127-05.png
本物の純金1g大当たり!!!!
「ラッキー、昼飯代ぐらいにはなるのかな」なんて悠長に捕らえていましたが、ツイッターで時価総額を教えてもらってびっくり!約5000円相当でした!凄いですね。これだけでも今日来た価値があります。

ちなみに、本日の戦利品はこちら。
180127-08.png
プラス、各社のパンフレットなどなど。なお、金の延べ棒のようなものは、ティッシュ、ようかん、タオルです。
これを、無料で入れて無料で手に入れられてラッキー とみるか、 たかがこれだけのもののために個人情報を安売りしたのか とみるか、人それぞれです。
私は、ブログのネタができたので良しとしています。

・IRブースもこじんまり
会社紹介ブースとして7社出展していました。ほとんど全く知らない企業ばっかでしたが、個別株もやる私としてはこれ幸いと、全社にお話を伺いました。出展の経緯、御社の強み、競合他社との差別化、今後の展望、主力商品、配当性向、株主優待の有無、1部でない会社は1部変更の将来性について、等々。普段の情報源からは得られない、その会社の社員からの説明が聞けて興味深かったです。
IRセミナーとかたまにありますが、こういう合同説明会みたいのは、ボトムアップアプローチをする有効な手段だと感じました。

・有名人登場
夕方からはセミナーを二本聴講しました。
一つは、「今後の日本経済と不動産投資市場の展望  岸博幸教授」。私は毎朝グッド!モーニングで依田さんのお天気検定をやってますので、岸教授も毎週目にしています。メディアでもちらほら出演されている有名な方ですね。流石に人気が高く、キャンセル待ちも多かったです。会場は満員でした。
景気動向と不動産投資の可能性についてお話が聞けました。
長期分散投資が必要。
税制優遇は確定リターン。iDeCoはやって当たり前。
個人投資家は3%を目法に、高望みをしない投資がよい。
立地に気を付けて、分散を兼ねた不動産は可能性として十分あり得る。

といった話を聞けました。最後については、このセミナーの出展者が不動産会社であることを念頭に聞かなければなりませんが、他については至極まっとうな資産運用観念をお持ちで安心しました。
とても話が上手で、説得力があり、会場の空気を自分のものにしていて、流石だなと感じました。

・つみたてNISA&iDeCo
二つ目のセミナーは「初心者におすすめ!少額からはじめる積立投資~つみたてNISA・iDeCoの活用法~」。こちらも結構人気があり、予約が必要と知らなかった夫婦が残念そうに立ち去るところを見かけました。
冒頭にもあるように、若い世代も多く参加していました。どちらの制度も若い人にこそ知ってほしいものですので、まさに狙いとした層にメッセージを届けられるんじゃないかと思いました。中身としては、資産運用における”リスク”の意味といった基本的な話から、各制度の仕組みやメリット等、初心者向けの話で、”時間と資産の分散投資”を軸に、わかりやすく説明されていました。
印象に残ったのは卵のたとえ話です。

卵は一つのかごに盛るなという株の格言があります。9個卵があって、1つのかごに盛ると、もしそれを落としたらすべて割れてしまいます。ところが、3つのかごに3つずつ盛れば、一つのかごを落としても損失は3つで済みます。このことから分散が大事なんだと。
ここまではよくある格言ですが、実はこれは途中で、かごを落としたら3つ卵が割れてしまっては失ったままです。ところが残りの6個は卵なので、やがてヒナが孵り親鳥になります。そうすればそれらが卵を産んで、結果的に卵は増えていきます。即ち、卵を増やすには時間がかかるということです。ガラスのコップではそうはいきません。
卵であることが大事、そして、時間をかける事が大事なんです。


このお話に要素が集約されていました。
また、モデルケースも紹介していました。10年後の資産目当てならつみたてNISA、60歳以降の生活資産ならiDeCoという例を出されていました。その後、40歳で手取り年収が356万の人で、将来のお金を少しずつ準備したい場合はつみたてNISA2万、iDeCo1万の計3万ずつの積立投資がよいという話で、それぞれの節税効果を示していました。
どちらかを選ばなきゃいけないわけでなく、併用も可能なんですよね。そういう色々な選択余地があるというのもきちんと例示してました。
制度の良さが参加者に伝わっていることを願います。

・まとめ
そんなわけで、期待値少な目・警戒心最大値でこのイベントに足を運んだわけですが、思っていた以上に楽しめて、あっという間に閉会の時間になりました。
今回参加するうえで、1.できるだけ知らない分野にも興味を持つ、2.アンケートに答えてグッズをもらう以上、その会社や投資についてしっかりと聞く、3.その分野の動向観を聞く、4.相手のいう事は、話半分、いや、世界経済の平均成長率程度に聞いて、それを基にきちんと自分で考える、といったマイルールを設けました。
不動産投資はオリンピック前後に転機があるかもというのは、意識している人が多かったです。他の分野でも、色々と興味深い話が聞けました。

一つ、心にもやもやしてることがあるのでついでに。
金風呂の写真を撮らせてもらった後、「ご自身も入ってくださいよ」と言われましたが、自分が撮ってもどうしようもないし固辞してました。これを昨日のツイッターで見た話とかして、結構引き止められつつもこのブースを離れたときに、ぼそっと「全然興味なしっ(笑)」と聞こえたのが凄く残っています。モヤモヤしますね。
そんな時は、1gのゴールドをもう一回手に取ると、わりと晴れやかな気分になれます。
金の力は偉大なり。

なお、このイベントの出展者は、ほどほどのスペースでも7桁円の出展料を支払っています。それなりのリターンを得るべく、自分の分野についてはポジティブに話がちです。また、相手はその分野のプロです。基本的なことを知らないと、相手の出す都合の良い情報だけを基に投資判断をする事にもなります。
どこまで勉強しておけば良いかは何とも言えませんが、ある程度予備知識がある方が自分の防衛にもなりますし、より有利に、より深い、より有意義な話し合いができます。
今回このようなイベントに参加して、視野を広げることができてとても勉強になりました。

この会場に入る際、入口には次回の出展交渉ブースがあり、すでに何社か決まっていました。次回もタイミングが合えば行ってみたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

パーサモウニアス

Author:パーサモウニアス
手取り17万なのに家賃7.5万で生活できるのか?
そんな無謀な生活を続けるために、日々の節約や家計簿を淡々とつけ続けるという実験日記です。
投資ド素人サラリーマンが資産運用に興味を持ち始め、それらの記録がてらブログを始めました。
資産運用の基本方針

150411開始
2016年、FP3級を取得
twitter始めました。@parsimonious_16

mail:parsimonious16@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
-FX (2)
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
免責事項
当ブログに掲載する情報には充分注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。当ブログ使用及び、閲覧によって生じた如何なる損害にも責任を負いかねます。 投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。