FC2ブログ

#つみフェス2018 に参加してきました



「君、急だけど明日の土曜仕事出れる?」
「すみません、その日はちょっと・・・」
「なんだ、仕事より大事な用事か。」
「えぇ、実は金融庁から(つみフェスNISA出席のメールで)呼び出しがあって、(気持ち的に)どうしても行かなければいけなくて・・・」
「お上からよばれてんのか。何やらかしたんだ、大丈夫か?」
「恐らく(つみたてNISA制度の内容の)確認程度の事なので、大事にはならないと思うんですが・・・行ってみないと何とも・・・」
「そうか、それなら仕方ないな。」

実際にはこんなやりとりはありませんでしたが、上司に方便を使ってでも参加したい、そんなイベントに行って来ました。

金融庁主催の”つみたてNISAフェスティバル2018 #つみフェス2018 ”です。
去年9月に続き、第2回目・・・でいいのでしょうか。
ずっと気になっていたイベントなので、今回参加できてほんとによかったです。
前回のつみフェスがブログ界隈で賑わっていて、それを見た私は金融庁主導の会に興味を持ち、初めてのつみップに参加したのがハロウィーンの時でした。その頃からリアルでの情報交換の有用性の良さを体感し、それ以来ちょこちょここういうイベントに足を運ぶようになりました。

そんなわけで、憧れのつみフェス2018の様子を記事にしたいと思います。
 

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村
今日は4月にしては季節外れの夏日予想が見事的中し、空は青く、足元ではアリが活発に蠢く、会場のある赤坂も晴天の暖かい陽気に包まれてました。

募集定員250名は4日で埋まったようですが、当日、私が開始15分前に到着した時には、既に前方の机つきの席はほぼすべて
埋まっていました。後方の椅子だけの席はまだまだ空席がありましたが、開始までにはかなり埋まっていました。
流石に250人もいると、当日キャンセルも出たでしょうが、全体的に出席率は高かったように感じます。
ツイッターやブログが今回のイベントの主な告知手段だったこともあり、会場の年齢層は比較的若かった印象があります。男性の方が多かったですが、女性もそこそこいました。友人同士とみられる人達や、家族など、複数名での参加もありました。家族席も用意されていたので子供連れでも参加しやすかったでしょうね。
今回の告知方法は、普段から資産運用にアンテナを張っているリテラシーの高めの人にしか届かないという欠点もありますが、つみたてNISAを始めてほしい20代~40代を中心とした若い層にアナウンスするには良い方法だなと感じました。imaimaさんはやみくもにツイッターでの発信を促していたのではなく、そういう狙いもあって、おススメの1冊や投信あるある、公式キャラクターの投票など、ツイッターでの参加を積極的に採用していたんでしょうか。

本題の内容については
0.金融庁挨拶
1.岡本和久氏 基調講話
2.つみたてNISA 誕生秘話
3.はじめての投資!おススメの一冊ベスト10
4.つみたてNISA公式キャラクター発表
5.有識者によるパネルディスカッション
ー.フォトセッション、閉会

という流れで、岩城みずほ氏の司会の元、14時開始で17時過ぎまで行われました。各セッションごとに登壇者のカラーが出ていて、どれもユニークで面白かったです。

0.金融庁挨拶において、村井英樹大臣政務官による実に軽快な挨拶が行われ、会が始まりました。

1.基調講話では、岡本和久氏によるお話を聞きました。
岡本氏を知らなくてヤフーでググったところ、アムウェイとか出てきたので大丈夫かなと思ってたんですが、別人でした。
I-Oウェルス・アドバイザーズ株式会社の代表取締役で、ファイナンシャルヒーラーとして、広く資産運用のアドバイスを行っている方です。
ファイナンシャルヒーラーとは、
投資を続けるのは難しい。暴落があるとやめたくなってしまう。そんなときに、『まあまあ、深刻になりなさんな』と落ち着かせることが必要。そういう役割を意識して勝手に名乗っている
とのことでした。
”100年人生のお金との付き合い方”というタイトルの資料に、生きていく上でのお金との向き合い方を軸に、お金のとらえ方等投資をしていく上での基軸となる部分を丁寧に説明されていました。
”人生の目的=お金持ちではなくしあわせ持ち”、”お金は感謝のしるし”、”将来の自分は今の自分が支える”、印象に残る言い回しや、これまでの概念を打ち崩すような価値観に触れることができました。そして”時空意識の拡大がしあわせ持ちへの王道”という形で、投資や仕事、資産との向き合い方の視野を広げるのにとてもわかりやすい説明もありました。
一番印象に残っているのは、”長期投資は人の一生では短すぎる”というお言葉。子や孫の代まで安定していそうな会社の株を買って、長期投資をする。余剰資産は子や孫に引き継ぐつもりで、という超長期視点の投資観は是非見習いたいと思いました。

2.つみたてNISA 誕生秘話 では、カン・チュンドさんがセッション司会進行役で、岡田篤氏(つみたてNISA商品性WGメンバー)、金融庁担当者:油布志行参事官のお二人に、つみたてNISA誕生秘話と題し、信託報酬の制限やアクティブファンドの扱いなど根掘り葉掘り聞いていました。
また、会場へのアンケートも一つだけ行われました。「このなかでつみたてNISAを始めている、あるいは、既に口座を開いている人は右手を大きく上げてください」というもの。実はこれ、とても気になっていたんです。今日の参加者の属性ってやつですね。いきものがかりのライブに行ったときにも、出身や年齢などのアンケートを取ってました。この手法、ただ聞いているだけで気が散漫になりがちな状況にインパクトを与え、一体感を与えます。カンさんはこの辺り、会場の空気を作るのが実に上手です。前回のFOY2017でも感じましたが、お話も上手だし、初心者が思っているようなことを代弁してくれるのでわかりやすいんですよね。
今日のこのセッションでも、”アンケートで手を挙げなかったつみたてNISA口座未開設者”への金言をパネラーお二人から引き出しました。
岡田氏「積立投資で大事なことは 続けること、つづけること、そしてツヅケルコト。」
油布氏「お金が溜まってから投資するではうまくいきません。貯めながら投資すること」
どちらも、長期の資産形成で大事なことですね。

続いては、3.はじめての投資!おススメの一冊ベスト10 のセッションなのですが、手元のプログラムには進行役が書いていませんでした。
いざ、ふたを開けてびっくり! 虫取り小僧さん、つらおさん、たぱぞうさんの有名ブロガー3名が並ぶ豪華な顔ぶれでした!
参考
いつか子供に伝えたいお金の話 ー虫取り小僧さん
吊られた男の投資ブログ (インデックス投資) ーつらおさん
たぱぞうの米国株投資 ーたぱぞうさん

虫取りさんは何度かお会いしていたので分かったのですが、他の2名はネット上でしか知らなかったので、初めて生つらお氏と生たぱぞう氏に出会えて感激しました。
つらお氏は言われている通りのイケメンでしたし、たぱぞう氏は物腰は柔らかいけどがっしりした雰囲気の男性でした。
3名による軽快なやりとりで各書籍の特徴に軽く触れつつ、紹介されていました。やりとりが面くて、一番笑い声が大きかったセッションだったと思います。
総得票数は279票で、結果は、

8T.図解 山崎元のお金に強くなる! 山崎元氏
8T.全面改訂 超簡単 お金の運用術 山崎元氏
8T.忙しいビジネスマンでも続けられる毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 カン・チュンド氏
5T.臆病な人でもうまくいく投資法 竹川美奈子氏
5T.難しいことは分かりませんが、お金の増やし方を教えてください! 山崎元 大橋弘祐氏
5T.全面改訂 ほったらかし投資術 山崎元、水瀬ケンイチ氏
4位.投資家が「お金」よりも大切にしていること 藤野英人氏
3位.ウォール街のランダムウォーカー バートン・マルキール氏
2位.敗者のゲーム チャールズ・エリス氏
1位.お金は寝かせて増やしなさい 水瀬ケンイチ氏

でした。ヤマゲン率が凄いですね。一位は皆納得の一冊でした。このほか、パネラーのおすすめ本、著者別ランキングもありました。
時間に押されてややハイテンポでしたが、楽しいセッションでした。ここまでお堅いのが続いたので、緩急でちょうどよかったです。


緩急でいうと、4.つみたてNISA公式キャラクター発表も緩い方でした。
アートディレクターの大山よしたか氏、金融庁職員ミニオン今井氏ともう1名でこのセッションが進められました。
作品は応募総数343通の中から、3つまで絞り、そのどれかに投票するという流れが先日ありました。4515票のうち、一番(2800ぐらい?)票を集めた”つみたてワニーサ”に最優秀賞が送られました。これは3名の作品ということで、作者の授賞式が行われ、惜しくもトップになれなかった方も表彰状を受け取っていました。
「最優秀賞の賞金は10万円で、3名で割ると一人33333円というどこかで聞いたことがある数字ですが、使い道はどのように?」というミニオン今井さんの問いかけに、受賞者は「もちろんつみたてNISAに使います」と忖度が行われていました。
無題
受賞した作品は早速名刺になっているほか、公式ツイッターも活動し始めています。
ツイッター :つみたてワニーサ
ツイッター上では、「着ぐるみにするのが難しいデザインだね」といった、実用の上での懸念を気に掛けるツイートも拝見しました。
つみたてNISAとワニがかかっていて、ワニの背中が階段状になっていて、少しずつ積み立てていくという意味合いが込められています。
せっかくだから、つみたてNISAの”輪”がつながっていくというのもかけて、つみたてニーサに活躍してもらって、つみたてNISAの輪が広がっていってくれたらよいなと願っています。

会の最後は5.有識者によるパネルディスカッション でした。
一点の島田知保氏の司会進行のもと、山崎元氏、田村正之氏、八幡道典政策管理官が壇上に上がりました。島田氏は開口一番、「事前に打ち合わせてこれこれこういった流れでいいですかと確認したところ、誰とは言わないけど某山崎氏が、『事前に誰がなんて言うか決まりきったのはつまらん』とばっさりやられたので、台本無しのバトルロイヤルでやります」と発言したため、会場は一気にテンションアップしました。
”投資を始めたいがお金がない”、”本当に増えるのか”、”長期ってどのぐらい?”といった質問内容で、それぞれ思うところを吐露してもらいました。なかなか熱い議論が交わされる中、特に”ロボットアドバイザーは有効なのか?”というテーマでは盛り上がっていましたね。職場NISAについては金融庁の八幡さんの熱がこもっていました。私の職場にも働きかけてほしいぐらいです。
他にもいくつかありましたが、最後の質問「親戚でクソファンド掴まされているのを、目を覚まさせる一言は?」は、私も是非とも知りたい質問でした。有識者のパネラーはどうやって乗り越えているのか興味深いですし、私の母もドル建ての債券ファンドを毎月分売で買っていましたから、参考にしたかったのです。
ところが、島田氏、山崎氏、田村氏は、それぞれ親や親族がそのようなファンドに手を出していた、あるいは手を出していることを話されていました。山崎氏の「遠い息子より近くのセールス」というフレーズが耳に残っています。「答えを急ぎがちだが、結局すぐに解決できることではなく、コミュニケーションを何度もとって少しずつ理解させていく」ことが重要だという島田氏の締めで、熱いバトルは幕を閉じました。

バトルロイヤルの熱が冷めやらぬ壇上に、本日の登壇者が一堂に並び、フォトセッションとなりました。
この時点で半数程度が既に帰路についていましたが、総合司会の岩城氏の締めの挨拶の後、無事閉会となりました。

会としては実に勉強になり、実の詰まった3時間であっという間に終わってしまいました。
反省点は、このまま散会してしまったこと。一堂に250人もの投資家が集まっているのですから、交流の場に混ざりたかったのですが、人見知りを発動してしまい、中々入り込めず撤退してしまいました。
一部が親しげにしていると、知っている人がいてもなかなか入りずらかったんですよね。とても残念なことをしました。

それと、なんとなく覚えているけど名前(ハンドルネーム)と顔が一致しないとか、顔は見覚えあるけど名前が出てこないという方がいて、話しかけるかどうか難しかったです。
まだまだリアルでの交流はあまり頻度が高くないので、私は最初に「○○さんですよね?●●でお会いしたパーサモウニアスです。」と名乗るようにしています。が、相手の名前がうろ覚えだとこれが言いにくいのでなかなかアクションを起こせないんですよね。
交流の場では、たくさんの人とお話しするよう心がけていますが、それだと一度に沢山の方と交流するのでそれぞれの印象や記憶が薄くなってしまうんですよね。なので、ある程度時間をかけてじっくり交流するのも必要だし、二次会に参加するなど交流の時間を増やす努力が必要だなと痛感しました。
資産運用系のリアルでの繋がりは、もちろんリスクもありますが、普段なかなかできないお金の話をどっぷりできる数少ない機会ですので、そういう輪を広げていけたらなと思いました。
もし私を見かけて少しでも見覚えのある坊主だなと思ったら、「見たことあるけど誰だっけ?」的な感じでもよいので気軽に絡んでいただけたら幸いです。
交流したいけどそういう会に出たことがほとんどない人向けの、ほとんど初めまして同士の交流会の需要も少なからずあるんじゃなかろうかと考えてました。

ともあれ、会自体は盛況で、とても面白かったです。資産運用、資産形成の上で、視野を広げることができて大変有意義だったのではないでしょうか。
ちなみに今回は、カラーコードとしてピンクが指定されていました。会場を見渡すと、ピンクのシャツ、ハンカチ、スカーフ、鞄等、ワンポイントでピンクを身に着けている人が沢山いました。皆上手にピンクをあしらっていて、コーディネートが上手だなと感心していました。色を意識するだけでファッションもこんだけ視野が広がるんだなと勉強になりました。

思えば、私は下手したらこのまま一生独身かもしれないという灰色の毎日が続いています。そんな私の生活に色を添えてくれるような、人生のカラーコーディネーターが欲しいなと感じるようになりました。二人三脚の資産運用、資産形成で、お金持ちならぬ”しあわせ持ち”になりたいと、今回のつみフェスに参加して文字通り”色々と”考えさせられました。


にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

パーサモウニアス

Author:パーサモウニアス
手取り17万なのに家賃7.5万で生活できるのか?
そんな無謀な生活を続けるために、日々の節約や家計簿を淡々とつけ続けるという実験日記です。
投資ド素人サラリーマンが資産運用に興味を持ち始め、それらの記録がてらブログを始めました。
資産運用の基本方針

150411開始
2016年、FP3級を取得
twitter始めました。@parsimonious_16

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
-FX (2)
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
免責事項
当ブログに掲載する情報には充分注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。当ブログ使用及び、閲覧によって生じた如何なる損害にも責任を負いかねます。 投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。