FC2ブログ

私と同年代・同収入で同資産は1.9%?金融調査のクロス集計が興味深い


こんにちは。多忙続きのパーサモウニアスです。
忙しすぎて頭が煮詰まると、現実逃避でツイッターしたり、ふと気になったことを検索したりしませんか。
先日、ふと気になったことがあって検索していたら面白いデータに遭遇したのでご紹介します。

金融広報中央委員会 家計の金融行動に関する世論調査 2017年クロス集計
「金融広報中央委員会 家計の金融行動に関する世論調査」とは、
金融庁の世論調査で、お金に関する現状や、お金などに関する考え方を調査したものです。

この結果自体も見ていて面白いのですが、中でもクロス集計が気になりました。
年齢別、年収別に、各世帯の金融資産がどのくらいかをまとめたものです。

世間一般にはどのぐらいの金融資産があるのが普通なのか。
自分と同じ条件の人はどのぐらいの資産があるのか。

そのあたりを書いてみたいと思います。

大きめの画像を張ってあります。PCの閲覧がお勧めです。

ソースを検索したら去年のデータが見つかったので、冒頭のリンクは最新版を張ってあります。
私が今回まとめたのは一昨年のデータです。

では早速見ていきましょう。
180908 kinnyuusisan

統計データでは70代以降まで記載されていますが、ここでは20代、30代に絞りました。
20歳代については、年収1000万~1200万の人が2人いて、二人とも金融資産が0というデータも気になりますし、
他にも気になる部分はありますがここではスルーします。

30歳に焦点を当ててみます。
まずは自分がどこに当てはまるか調べました。
私は年収461万、資産1640万なので、年収300~500、資産1500~3000に分類されます。
そこに該当するのは1.9%でした。208人の1.9%なので4人ほどでしょうか。

気になるのは、同年代、同収入で金融資産額がもっとも多いクラスはどこか?ということです。
これが意外なことに、金融資産非保有が43.3%。
208人中90人は資産0ということになります。
年収300万未満では57.4%(収入0世帯では82.4%)が金融資産非保有でした。
ツイッターをやっていると、資産運用に興味がある人ばかりですが、
実際には資産を貯めるより、使う方に給料を費やすのが大多数なのですかね。
金融資産100~ は各クラス、一桁%ずつちらばっています。

同年代同収入での平均値は500万、それに対し中央値は100万でした。
それに対し、年収500~750の世帯では平均値が1000万を超え、中央値も900万以上になってます。
年収別の資産格差が如実に表れていました。

一方、年収500~750世帯でも一割は金融資産非保有となっていました。
ちなみに、年収1200超えでも一人、金融資産非保有となっていました。
この辺の差はどこから生まれるのでしょうか。

年収1000~1200の層は片方は一億5000万ほど、片方は200~300万で極端です。
それぞれ、どういう背景なのか気になりますね。

世帯の背景によって、収入はもちろん、資産額も違ってきます。
日本の世帯全体のうち、自分がどこに当たるのか把握するのは参考程度に、
きちんと計画的に資産運用するのが大事なのかなと思います。

ちなみに、私の目下の目標は、40代で年収500万、資産額3000万のアッパーマスに入ることです。
年収は年功序列の今の会社が傾かなければ40代で達成できそうです。
課題は資産3000万の方ですね。
全額預金では達成が難しいと思いますので、自分の許容に見合ったリスクを取って、
効率よく資産を増やしていきたいと考えています。

統計結果には他にも老後の生活についての考え方、金融資産の保有目的など
興味深い結果が載っています。ご参考までに。
金融広報中央委員会 家計の金融行動に関する世論調査 2017年クロス集計


にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

パーサモウニアス

Author:パーサモウニアス
手取り17万なのに家賃7.5万で生活できるのか?
そんな無謀な生活を続けるために、日々の節約や家計簿を淡々とつけ続けるという実験日記です。
投資ド素人サラリーマンが資産運用に興味を持ち始め、それらの記録がてらブログを始めました。
資産運用の基本方針

150411開始
2016年、FP3級を取得
twitter始めました。@parsimonious_16

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
-FX (2)
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
免責事項
当ブログに掲載する情報には充分注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。当ブログ使用及び、閲覧によって生じた如何なる損害にも責任を負いかねます。 投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。