FC2ブログ

100%の1万or50%の2万、もらうならどっち?行動経済学の観点から見た資産運用1

どうも、パーサです。
今日の記事はぶっちゃけ、オフ会の告知記事です。

突然ですが質問です。
あなたは今、100%の確立で1万円をもらうか、50%の確立で2万円をもらうか、どちらか選べるとします。
あなたならどちらを選びますか?

人によって、手堅く1万円を得たり、2万円に挑戦したりまちまちだと思います。

数学的には期待値はどちらも1万円ですので、どちらを選んでも同じとなります。

でも実際には、1万円を選ぶ人が多くなるそうです。

そのような結果から、”人は利益を確実に確定させたがる傾向にある”ことがわかります。

このように、数学的な正しさと、人が実際にとる行動にはしばしば違いがあります。

こういった人の行動に着目した学問が行動経済学です。
さて、先ほどの質問には続きがあります。
さっきと反対に、100%の確立で1万円を失うか、50%の確立で2万円を失うか、どちらか選ばなければならない場合は
あなたはどちらを選びますか?

実験の結果は先ほどとは反対に、50%の確立で2万円を失うほうを選ぶ人が多いそうです。

”人は損失はできるだけ先送りにしたい傾向がある”ということがわかっています。

表現を変えるだけで回答に変動がみられることもあります。
”100%の確率で1万円を失うか、50%の確率で2万円を失うがうまくいけば損失を0にできる場合、どちらを選びますか?”同じ中身でも表現が変わるだけで印象が変わったりもしますね。


投資信託の投資家の間では悪評名高い毎月分配型投信。
これが好まれる理由は、利益を確定したがる傾向による影響がある程度かかわっているのではないかと思っています。
分配なしでずっと運用するのは、暴落で損してしまうかもしれないという不安と常に戦っています。
それよりは、毎月少しずつでも分配金を受け取って利益を確定させることで心を安定させているのかなと感じます。

もちろん、分配金を出す分、ファンドの額は下がりますし、運用も思ったように伸びないファンドも少なからずあります。
ところが、購入価格より下がってしまい、例え売ったほうがよいとわかっていても、損失を確定させたくなくて、「もっていればきっと上がる」・・・という根拠のない理由をつけてだらだらと持ち続けてしまう人もいますね。

このように、行動経済学で明らかになっている理論、人がついついとりがちな不合理な選択が身近にも色々あります。

行動経済学を知ると、自分の投資行動や消費行動を振り返ることができて、楽しいだけでなく、自分の行動の改善にも役立てられて有益だなと感じました。

興味ある方は入門書などを手にとって見てください。

オフ会の案内
先程の質問の延長で、確実に1000万円をもらえるか、50%の確立で2500万円をもらえるか選べる場合は、どちらを選びますか?
私は、自分ならこうするなと色々考えていった延長で、数字のバランスが違ったり、ほかの人はどういう判断をするのだろう?と思いをはせるようになりました。
そこで、行動経済学をテーマにしたオフ会を企画しました。
行動経済学というややとっつきにくい言葉を使っていますが、難しい言葉は極力避け、堅苦しくないよう配慮します。
人の行動に焦点を当てて、普段の投資行動や消費行動を改めて確認するよい機会になればと思っています。

興味ある方はこちらの案内の記事をご覧ください。
【募集】第二回 投資オフ会のお誘い
100%1000万か、夢を持って2500万か、どっちを選ぶ人が多いのかその場で答え合わせをしましょう(^-^)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

パーサモウニアス

Author:パーサモウニアス
手取り17万なのに家賃7.5万で生活できるのか?
そんな無謀な生活を続けるために、日々の節約や家計簿を淡々とつけ続けるという実験日記です。
投資ド素人サラリーマンが資産運用に興味を持ち始め、それらの記録がてらブログを始めました。
資産運用の基本方針

150411開始
2016年、FP3級を取得
twitter始めました。@parsimonious_16

mail:parsimonious16@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
-FX (2)
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
免責事項
当ブログに掲載する情報には充分注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。当ブログ使用及び、閲覧によって生じた如何なる損害にも責任を負いかねます。 投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。