FC2ブログ

120万を元手に5年で54万稼ぎたい(私がNISA用にBDC銘柄を選んだ理由)

こんにちは。一般NISA派のパーサです。

去年までは一般NISAの大部分をPFF(優先株式&インカム証券ETF)に当てていましたが、今年からはBDC銘柄にシフトしようと考えています。
その考えに至った理由を書きとめたいと思います。

今日の結論は、“投資方法なんて好きなようにしたらいい” です。

にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村
一般NISAのメリットデメリットとどう付き合うか

一般NISAは少額投資非課税制度のことで、1年の元本120万円の投資までの運用益が非課税になる制度です。評価額1120万になっても、運用益1000万にかかる税金が0なのが魅力です(・・・といっても、こんなに増える銘柄を選びぬく目と相場に左右されるので、現実はなかなか難しい)。一方で、損が出てしまっても、他の運用益との損益通算ができません。私は、5年間で確実にプラスになるような運用をしたいなと思いました。

ドル建ての債券的運用

着実に成果を上げるとなると、株式より債券の方が良さそうと思いました。
しかし、円建ての運用はどれも利回りが低いです。
一方、経済大国アメリカは投資の環境も進んでおり、投資の多様性も様々です。
そこで、資産の一部をドル建てで持つことにしました。
日本円は定期的な収入(給与収入)があるので、ドル建ての資産も定期的に有ればよいなと考えました。

PFFは私が投資を始めた数年前に流行っていた銘柄です。
今でこそインカム債券と名がついていますが、当時は米国優先株式という名前でした。
株価の推移をみてみますと、普段はほとんど変動しません。
リーマンショックの様な相場ではガクッと下がります。
これを許容できるなら、配当利回りがよく、着実にリターンを得られるのではないかと考えてPFFを選びました。
ETFの買い付けはNISAだと無料というメリットも背中を押してくれました。
いわば債券的な位置づけでPFFへの投資を決めました。

BDCとはなんぞや

Business Development Companyの略です。銀行から融資を受けられないベンチャーや中小企業に融資を行い、格付けの低い企業の事業をサポートしています。
利益の90%以上を配当に回すことで法人税を免れていますので、不動産に投資するREITのベンチャー版、企業融資版ととらえています。
業務の形式から、ソーシャルレンディングの米国株バージョンととらえています。
ソーシャルレンディングは案件ごとに選ぶ必要がありますが、BDC銘柄は多くの案件をひっくるめて投資するような状態ですので、分散が効いていると感じます。
なんといっても利回りが10%前後で推移しており、PFFと同じような値動きをしています。それならば、より利回りが高いBDC銘柄がいいなと考えるようになりました。

とらぬ配当金の皮算用(為替によって変動しますが、それは無視してざっくりと計算)

一般NISA枠120万円をフルで使った場合の配当金を計算してみます。
1年で得られる配当金(税引き前)=一般NISAの投資枠120万×BDCの配当利回り10%=12万
税引き後配当金=12万×外国課税10%×国内課税20%(申告分離課税)(NISAパワー)=8.64万→10.8万

非課税期間5年での運用見込み
配当金 12万×5年=60万
税引き後配当金 10.8万×5年=54万
NISAパワー(非課税効果) 2.16万×5年=10.8万
利回り 45%/5年

こんな感じでざっくりと計算しました。
ぶっちゃけ、夢はないです。地味な運用方法ですね。
一方で、計算しやすいというのは大きいと思います。
この計算結果を元に、これで十分ならこれで良いし、あまりにも物足りないと感じれば別の投資をすればいいのです。

デメリットと向き合う

もちろんデメリットも考慮しています。

・買付手数料がかかる
ETFはNISAの買付手数料が無料なのですが、米国株式は手数料がかかります。マネックスならNISAでの買付手数料が無料なのですが、証券会社を移管する程ではないなと思います(単にめんどくさいだけ)。なお、SBI証券は為替手数料が格安ですが、そもそもBDC銘柄を取り扱っていません。PFFで6%か、BDC銘柄で10%か、どっちを選ぶと言われたら、買い付けコストがかかっても後者を選びます。

・暴落時には評価額が激減する
そのタイミングで利益確定・損失確定しなければいけないような状況にならなければ、持ち続ければ良いと判断しました。余剰資金で行う必要はありますね。

・為替リスク
そのタイミングで云々。

・5年後に暴落したら?
NISAだと損失計上できませんし、持ち続ける場合も特定口座に移されるタイミングが買付価格とされるので、その後株価が戻るとしても運用益分課税されます。その可能性も考慮しましたが、他のファンドでも同じリスクはあります。変動幅が多い分、BDC銘柄はよりそのリスクは高いですが、配当金で先取り利益確定して保険を得ているとみなして、5年後の暴落リスクは保有するという結論に至りました。
配当金も再投資するのであまり効果ないですけどね(笑)

結果、やることに

配当が高いことは他にもメリットがあります。配当金を元本として新たに投資できる事です。年間120万を投資するのはなかなかできることではありません。売買を繰り返して無理やりノルマをこなすようなやり方もなんか違う気がします。その点、配当金ならば、再投資の資金として用いることで年間非課税枠を埋める手助けになります。そもそも配当金で税金取られずに、内部で再投資するような投資信託や会社の成長に投資する企業へ投資すればという意見もあると思います。それは人それぞれ、好き好きかなと思います。

配当金・分配金の有無はそれぞれで、どういう仕組みで出たりでなかったり、企業がだした利益はどう使われているのかを考えるのは大事です。
そして、企業が得た利益を企業にどう使ってほしいかを考えてみるのもいいのかなと思います。
Amazonのように無配で企業成長をし続ける企業を好む人もいますよね。
合理的に考えれば、配当・分配を自分で受け取らず、企業内で再投資する企業に投資したり、投資信託を積み立てて自動再投資しておいた方が良いです。
その考えから、インデックスファンドを軸につみたて投資を継続しています。
一方で、配当が出る楽しみも味わいたいので、一般NISAではそういう投資をしてみようと思ってます。

配当・分配のありなしは、それぞれのメリットデメリットがあるのは確かです。
人間、必ずしも常に合理的に動けるとは限りません。
まさに行動経済学の分野が発展したのもそれが理由ですね。
人それぞれなので、自分の考え方をまとめたうえで、好きなように投資したらいいと思います。

果たして、私の一般NISAをBDC銘柄で行くという判断は正しいのかどうか、答え合わせの中間結果は5年後、20年後をお楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

パーサモウニアス

Author:パーサモウニアス
手取り17万なのに家賃7.5万で生活できるのか?
そんな無謀な生活を続けるために、日々の節約や家計簿を淡々とつけ続けるという実験日記です。
投資ド素人サラリーマンが資産運用に興味を持ち始め、それらの記録がてらブログを始めました。
資産運用の基本方針

150411開始
2016年、FP3級を取得
twitter始めました。@parsimonious_16

mail:parsimonious16@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
-FX (2)
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
免責事項
当ブログに掲載する情報には充分注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。当ブログ使用及び、閲覧によって生じた如何なる損害にも責任を負いかねます。 投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。