FC2ブログ

(雑記)親せきの子の進学祝いでキッザニアをプレゼントして同行してきた【株主優待】


こんばんは。子供好きなパーサです。
親せきの子が小学生に進学したので、進学祝いをしたいなと思い色々と考えました。
一番いいのはお金なんでしょうけど、変に気を使わせてしまっても悪いなと思いまして。
本とか物とかでもいいんですけど、邪魔になったら悪いなとも思いまして。

考えた結果、体験をプレゼントしたいなという結論に至り、キッザニア東京へご招待しました。
キッザニアとは?

キッザニアは模擬職業体験ができる場で、色々な会社の働き方をその場で体験できるよう工夫されています。
子供は自分が興味あるお仕事の区画へ行って、職業を体験するというものです。
会社だけでなく、公務員系の仕事もありました。

公式サイト キッザニア東京

株主優待あり
実は調べてみたら、キッザニアは1株から株主優待がもらえるとわかり、
試しに買ってみたかったというのと、純粋にキッザニアという場がどんなものか前から興味があったのです。

ちなみに、ジャパンベストレスキューシステムという会社が優待を出しています。

制限はありますが、20%オフでキッザニアに入場できます。

あとあと分かったのですが、早期予約とかで20%の恩恵に預かれるので、株主優待が特別お得というわけではないです。

立ち回り
当日の立ち回りは色々と予習しましたが、「初めてだしあんまり欲張りすぎず、偵察がてら楽しめたらいいね」ということで親せき家族と打ち合わせて、状況に応じていきましょうとなりました。
なので、ホルダーの購入と銀行での口座開設だけは最初に行い、あとは状況次第で動きました。

結果としては、初めてだけど上の子は6つぐらい回れたし、下の子も5つやれたので大満足でした。

親せきの夫婦も子煩悩なので、ガラス越しに二人で子供たちの様子をビデオに収めていたり、あれをやらせたいとかこのシステムがいいとか色々と楽しめたようでした。
子供たちのおばあちゃんも一緒に来てくれて、一緒になってサポートしてくれていました。
緩衝材となってくれて、私と親せき夫婦だけよりも和やかに過ごせました。

19:30ぐらいでそろそろ帰ろうかと話していた時に、子供がもう一個最後にやりたいと言っていたので、割と気にいてくれたんじゃないかと思います。
プレゼントとしては大成功だったではないかなと思って、私自身もうれしく思いました。

なぜキッザニア?
ディズニーや遊園地でも良かったんですけど、小学生に上がったので、一つステップアップして、遊びだけじゃなく学びの場を提供したかったなと考えがあったので、キッザニアを選んでみました。
働くことの意義とか、パパやママも働いているんだということに気づくきっかけになればいいなと思います。
また、将来自分はどういう働き方をしたいんだろうと考えるきっかけ作りにもなったらいいなと思いました。

なので、今回のイベントの費用は、消費ではなく、子供たちへの投資と考えています。
それぞれがそれぞれの働き方、お金の稼ぎ方をきちんとみつけて、きちんと納税して、私の年金をしっかり支えて・・・というのはあまりに無粋ですが、働き手がいなくて受けたいサービスを将来受けられなくなるのは嫌ですし。
直接お金で返ってくるわけではないけど、持続可能な社会に貢献してくれればなと思います。

そういった意味では、キッザニアというのはとてもよいツールだなと思いました。
ちょっと遠いんですけど、一度は連れて行ってあげて欲しい場所です。

親せき家族との別れ際、下の子がこう言いました。
「おじちゃんありがとう。また連れて来てね」
・・・出費がすごいんだけど、おじちゃん頑張るよ!



それにしても家族っていいですね・・・遠い目


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

パーサモウニアス

Author:パーサモウニアス
手取り17万なのに家賃7.5万で生活できるのか?
そんな無謀な生活を続けるために、日々の節約や家計簿を淡々とつけ続けるという実験日記です。
投資ド素人サラリーマンが資産運用に興味を持ち始め、それらの記録がてらブログを始めました。
資産運用の基本方針

150411開始
2016年、FP3級を取得
twitter始めました。@parsimonious_16

mail:parsimonious16@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
-FX (2)
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
免責事項
当ブログに掲載する情報には充分注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。当ブログ使用及び、閲覧によって生じた如何なる損害にも責任を負いかねます。 投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。