FC2ブログ

行動経済学勉強会を開催しました



まずはこちらの画像をご覧ください。
vamvo.png

「突然ですが、オフ会の会場に
プロジェクターがないので、
この日のために買いました。
いくらぐらいすると思います?」

「10万円より高いか安いか?
挙手でお願いします。
・・・
では、いくらぐらいだと思いますか?
実際に金額で予想してください」
こんな導入から今回の会は始まりました。

趣旨
ダイエットしてるのに甘いものを買ってしまう、
給料が出るとついつい奮発しちゃう、
貯金したいのに散在しちゃいがち、
タピオカミルクティーの店に長蛇の列、
ドーナツ無料キャンペーンに大行列、
宝くじを毎回購入
・・・
これまでの経済学が想定している人では
まず取らない行動の数々ですが、実際は
人はついついこのような不合理な行動を
とることがあります。
実際の人の行動に寄り添って、人が
やりがちな不合理は行動を分析する、
心理学に近い学問が行動経済学です。

例えば先の例題、プロジェクターは
いくらでしょうか?
”10万円より上か下か?”
実はこの質問の時点で、皆さんの
心は操作されています。
この聞き方を
”3万円より上か下か?”
とした場合と比べて、
前者のほうが予想金額が大きくなる
傾向があります。
これは、アンカリング効果と
呼ばれています。


私はこの分野がとても面白いと感じてます。
投資や節約をしていく上でとても役に立つと
思いまして、皆さんに話題を提供したくて
この会を企画しました。

会の流れ
・行動経済学実験
~ゲームを通じて行動経済学を学ぶ~

・行動経済学入門
~講義形式で広く浅くご紹介~

・振り返り・ディスカッション

・懇親会

こんな形でした。
導入ではゲームをして、不合理行動を
説明する足掛かりとしました。

講義では、私がいくつか書籍を
読み漁ってまとめたエッセンスを
紹介しました。
なぜ人は損切できないのか
なぜ人は行列に並ぶのか
なぜ人はダイエットに失敗するのか
なぜ人は損を嫌うのか
なぜ人は宝くじを買うのか
なぜ通信販売が成り立つのか

このような人の行動の本質を理解して、
不合理な行動をとってしまう理由を
紐解いていきました。

グループワークでは、各自印象に
残ったキーワードを上げてもらい、
自身の体験談との結びつきを話して
もらいました。
色々な視点から行動経済学(および、
今回の勉強会)を知ることができて
面白かったです。

懇親会では、投資に限らず、資産運用や
お金の話をざっくばらんに話しました。


感想
がちがちの投資会も大好きですが、
ベテランと初心者入り混じった意見の
交換もまた有意義で楽しめました。

勉強会は15:00-17:30、
懇親会は18:00から22:30まで
長時間お付き合いいただきまして、
とても楽しい会となりました。
ちなみに、勉強会が1200円、懇親会は
二次会含めて4000円という低価格に
抑えられたので自分としては価格も
大満足でした。

これにて第二回月夜に米の飯会は
無事閉幕となりました。

行動経済学に興味を持ってくれた方も
ツイッターで何名かいましたし、私自身も
さらに見識を広めていきたいと思って
ますので仕事がひと段落したらまた
企画したいなと考えています。

本を読むだけでは得られない、リアルな
体験や他の人の視点を得ることで
さらなる知識を増やすことができたので、
またやりたいなと思います。

初めての講義形式オフ会にもかからず、
ご参加くださったメンバーに感謝です。

参加者
Annika@読書映画投資さん

幻王さん

ぽんとんさん

ふまんだらけさん

半蔵/米国株修行中/mdさん

法蓮房さん

パーサ


参考:
第一回月夜に米の飯会報告記事
資産運用オフ会 月夜に米の飯会vol1報告


にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

パーサモウニアス

Author:パーサモウニアス
手取り17万なのに家賃7万で生活できるのか?
そんな無謀な生活を続けるために、日々の節約や家計簿を淡々とつけ続けるという実験日記です。
投資ド素人サラリーマンが資産運用に興味を持ち始め、それらの記録がてらブログを始めました。
資産運用の基本方針

日経電子版に紹介されました
パーサさん、月16万生活で資産形成(投信ブロガー)

150411開始
2016年、FP3級を取得
twitter始めました。
@parsimonious_16

mail:
parsimonious16@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
-FX (2)
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
免責事項
当ブログに掲載する情報には充分注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。当ブログ使用及び、閲覧によって生じた如何なる損害にも責任を負いかねます。 投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。