FC2ブログ

FOY2019発表会のご報告2/2(FOYランキング篇)


パーサです。FOY2019の授賞式に出席してきました。
前回はイベントの報告をメインに書きました。
FOY2019発表会のご報告1/2(イベント篇)
今回は受賞ファンドを振り返って個人的に感じたことを書きたいと思います。
受賞ファンドは以下の通りです。

1 eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー) 48人 145p
2 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 36人 97p
3 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 34人 86p
4 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド 30人 82p
5 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 27人 71p
6 楽天・全米株式インデックス・ファンド 16人 45p
7 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 16人 43p
8 グローバル3倍3分法(1年決算型) 16人 43p
9 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT) 14人 42p
10 SBI・バンガード・S&P500インデックスファンド 21人 40p
11 たわらノーロード先進国株式 11人 38p
12 農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶね 10人 29p
13 eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 8人 27p
14 ひふみ投信 9人 22p
15 結い2101 10人 17p
16 楽天・全世界株式インデックス・ファンド 6人 17p
17 野村つみたて外国株投信 5人 16p
18 eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型) 6人 13p
19 野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型 3人 13p
20 eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 6人 11p

特別賞ー最多入賞賞(過去13回のFOYのうち、トップ10になった回数が最も多いファンド)(該当2件)
セゾンバンガードグローバルバランスファンド(11回)
VT(11回)

特別賞ージャンプアップ賞(昨年20位以内だったファンドのうち、今年最も順位を上げたファンド)
農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶね

各ファンドの詳細は別の方に譲るとして、私個人が感じたことを垂れ流したいと思います。

突然ですが、インフォグラフィックという言葉をご存じでしょうか。情報を視覚化したものです。
FOY2019が発表されてすぐにいくつかおもしろいものが出てきました。

例えばなまずんさんのこのツイート。

2017、2018、2019のトップ10を運用会社別に並べています。
これを見た瞬間に私は思いました。eMAXIS Slimとバンガードの2強だなと。
間違いなく今の日本の投資信託はこの2強の波が来ていると感じさせる図です。
実質バンガード社に投資しているファンドに印をつけるとさらに顕著だと思います。

もう一つ、東北投信のMiraiさんがアニメーションで歴代のトップ5をスコア化して積算しています。


かつての王者、ニッセイ外国株式とVTの根強さがうかがえます。

なお、こちらが最初にイメージしていたものだそうです。私のイメージもこちらが近いです。


やっぱりニッセイは古くから支持されていますね。
動きのある図はさらに見る人をひきつけますね。とても面白いです。


このような素晴らしい図表に感化されて?私もちょっと作ってみました。
200119FOY2019訂正2

必ずしも時価総額の大きいファンドが上位に来ているわけではないというのを表現できるかなと思って図を作りましたが、それ以外にも色々見えてきます。
先進国株式だけでみても3位のeMAXIS Slimよりニッセイのほうが資産は多いです。
ここ最近好調の米国株では、楽天VTIにeMAXIS SlimS&P500が猛追しています。
VTの桁違いの規模も目に見えます。設定されたばかりのグローバル3倍3分法の資産の伸びもかなりすごいものがあります。
1位のオールカントリーよりも純資産額が高いファンドがいくつもありますね。
FOY2019のランキングはあくまでブロガーの人気投票ですので、実際に資産が集まっているファンドとは限らないですね。ランキングを参考にしつつも、やはり最終的には自分で腹落ちできるスタイルが長続きすると思います。

さて、今一度雑感を箇条書きで。
・Slim強い!
トップスリー独占。トップ10に4ファンド、トップ20に7ファンドは圧巻。ファンドが良いこともさることながら、ブロガーや投資家との対話が功を奏していると感じます。

・バンガード手堅い!
なまずんさんの図でもわかるように、直接、あるいは間接的にバンガード社に投資しているファンドが上位に複数ランクインしています。バンガード社の哲学はとてもシンプルでわかりやすく、スケールメリットを生かした信託報酬手数料の値下げも多いことから、安心感があるなと感じます。

・アクティブファンドも健闘
アクティブファンドあってのインデックスですからね。自分の資産を増やすことだけを考えるとインデックスファンドが筆頭候補になるのですが、それだけではないプラスアルファが得られるのが真っ当なアクティブファンドへの投資だと考えています。残念ながら私が投票したセゾン達人ファンドはランク外でしたが、根強い人気のファンドが比較的上位でよかったと思います。

・3倍3分法は7位で大丈夫?
レバレッジファンドがこんなに上位で大丈夫かなと少し不安です。他のレバレッジ系ファンドよりしっかりした構成だとは思いますが、市場が下向いたときに振り落とされる人が多そうで気がかりです。しっかり納得したうえで購入したほうが良いと思います。
そういいながら、去年のNISA枠の端数でちょこっと買っております。


・ニッセイの苦難。
先進国株式というファンドそのものの少し人気が陰っている感じがします。たわらノーロードも惜しくもトップ10入りならずでした。今の風潮として、好調の米国株に投資するファンドが上位にランクインしていることが目立ちます。こういうのはその年その年で浮き沈みがあるでしょうから、そこまでニッセイを脅かすことはないかもしれません。
一方、めんどくさいからこれ一本で!という人からは全世界株式に投資するファンドが好まれている感じがします。そしてこちらは「どんな状況でも全世界の分散だから関係なし」で継続できそうですから、eMAXIS Slimオールカントリーを超えるファンドはなかなか想像できないのが現状に思います。私が作成した図からも、全世界株が複数ランクインしていること・バランス型が複数占めていることがわかります。
この壁にどのように立ち向かうのか、とても興味があります。

・実質コストで比較したい
低コストのインデックスが多くの支持を集めた結果となりました。ここ最近設立されたファンドも多く、安定的な運用ができるのか?ベンチマークとの乖離はないか?実質のコストは十分な水準か?といった点は今後注視していく必要があるでしょう。表面的な数字ではなく実績が評価されていくのが今後の焦点かなと感じます。


ざっくりと書き連ねてみました。
おおよその投資信託が出揃ったように感じますので、これからは実績、そして投資哲学といった部分も各ファンドの支持を左右する要素になるのかなと感じています。
相場がどうなるかはわかりませんが、投資環境はこれからもまだまだ良くなる余地があると思っています。来年はどのようなファンドが上位争いをするのか、とても楽しみですね。

FOY2019実行委員の皆様、このような有意義な催しをありがとうございました。


にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

パーサモウニアス

Author:パーサモウニアス
手取り17万なのに家賃7万で生活できるのか?
そんな無謀な生活を続けるために、日々の節約や家計簿を淡々とつけ続けるという実験日記です。
投資ド素人サラリーマンが資産運用に興味を持ち始め、それらの記録がてらブログを始めました。
資産運用の基本方針

日経電子版に紹介されました
パーサさん、月16万生活で資産形成(投信ブロガー)

150411開始
2016年、FP3級を取得
twitter始めました。
@parsimonious_16

mail:
parsimonious16@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
-FX (2)
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
免責事項
当ブログに掲載する情報には充分注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。当ブログ使用及び、閲覧によって生じた如何なる損害にも責任を負いかねます。 投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。