fc2ブログ

ワクチン接種体験記


皆さんこんにちは。
子供の頃、風呂上りに服を着ないでベビーパウダーまみれになって遊んでいたパーサです。

コロナウイルス蔓延後の世界は、
これまでとはガラッと変わってしまいましたね。
窮屈ではありますが、それなりに過ごしています。

自分でできる対策の一つとして、
ワクチンを接種することにしました。

ワクチン接種が2回終了したので、
体験記を残そうと思います。

そんな大きなハプニングなどはありませんでしたが、一例としてご参考になればと思います。

目次
○コロナワクチン体験記
○ワクチン後の世界
○これから接種する方へ
○接種するか悩んでいる方へ
○コロナワクチン体験記○

図 コロナワクチン接種後の時系列
210710.png

ワクチンによって1回接種で良いものや2回接種するものがあります。
日本で現在よく使われているファイザー製やモデルナ製は2回接種ですね。
1回目と2回目の間隔や、2回目接種後に抗体が出来上がるまでの期間は
製品によって異なります。
私はファイザー製ですので、1回目の3週間後に2回目を打ちました。
そこから7日以上経過したので十分抗体ができている状態、
いわゆるfully vaccinatedになりました。
参考:ファイザー社の新型コロナワクチンについて 厚生労働省

ちなみに、fully vaccinatedの適切な日本語がないんですよね。
ワクチン接種後だと、接種直後も含まれますので。
(SNSでは通称がありますがここでは自主規制。
なお、この記事冒頭の幼少期のエピソードとは一切関係ありません)

ワクチン接種1回目、2回目それぞれで副反応が出たので、
時間を追ってみていきましょう。

【1回目接種】
├ 0h 接種そのものはほとんどいたくない
├ 6h 摂取部位に筋肉痛のような痛み
├ 21h 頭がふわふわする。三半規管が少しおかしいような、ふらつく感覚。頭がぼーっとして集中できない。眠気、だるさ。
├ 27h ほてり。熱っぽさから体温測定、36..9℃。平熱35.8℃なので普通に発熱状態。
└ 36h 熱は下がる。頭痛・肩こり。接種部位の痛みはやわらぐ。

1回目の接種はちょっとしんどいかな~ぐらいで済みました。
接種そのものは、インシュリン注射用の細い針を使っていたのか、全く痛くなかったです。
一方、熱っぽさの反応が1回目から出てしまったので、
2回目の副反応が気になっていました。

【2回目接種】
├ 3h 接種部位に違和感、わずかなずきずきとする痛み。
├ 13h 接種部位に痛み。腕を上げるのがつらい
├ 17h 体のほてりを感じる。早退の支度開始。
├ 18h 体温37.0℃ 頭痛
├ 22h 37.8℃ 激しい頭痛
├ 25h 38.3℃ しんどい。ロキソプロフェン(ロキソニンS)摂取。
├ 30h 37.3℃ 薬の効果か、熱が下がる。頭痛は残る。
├ 33h 36.5℃ だいぶ楽に。熱っぽさやだるさはない。
├ 36h 36.0℃ 接種部位痛みほとんどなし。違和感程度。
動かしても痛みを感じない。触ると少し痛みが残る程度。頭は重い。
峠は越えて降り切った感じ。
├ 48h 37.1℃ 念のため熱を測ったら微熱。なかなかしぶとい。体調は悪くない。
└ 60h 35.9℃ ほぼ全快!

こんな感じで38℃を超える熱が出て、ちょっとしんどい症状が出ました。
前評判通り、2回目のほうが症状が強かったです。
1回目の接種の反応から、ある程度予測できてたので、
スポーツドリンクや消化の良い食材の確保、消炎鎮痛剤の準備をしておきました。
そのおかげでなんなく乗り切ることができました。


もちろん、できることなら薬に頼ることはせず、普段は自然に任せる主義です。
反応が出る前の予防的な薬の使用は推薦されていませんもんね。
ただ、今回は38℃越えたので薬の力を借りました。

アセトアミノフェン系の薬は薬局では軒並み売り切れていました。
厚生労働省のアナウンスでは、イブプロフェンやロキソプロフェンでも良いとのことだったので、
自宅にあったロキソニンSで対処しました。
参考:新型コロナワクチンQ&A 厚生労働省

これは後日談なのですが、私の職場の周りの人の感想としては、
ロキソニンが良く効いたという声が多めでした。
私が他の薬を飲んでいたら、あるいは飲んでいなかったらどうなっていたかは
比較できませんが、比較的順調に回復できた感じはしました。
結果的にロキソニンで良かったのかもしれませんね。

そういえば、症状のたとえ方に”インフルエンザっぽい”という表現がありましたが、
しんどさや症状的にとても似ていましたね。
鼻水とのどの痛みはないけど、接種部位の筋肉痛を伴うインフルエンザっぽい感じです。

思い返せば、筋肉痛のような痛みは1回目もまぁまぁありました。
腕を上げるのがつらいので、着替えや風呂がちょっときつかったです。
一番楽な姿勢がエレベーターガールの”上へ参ります”のポーズだったので、
ひとけがないところではこの姿勢でいることが多かったです。

こんな形で、2回のワクチン接種を乗り切りました。
2回目のワクチン接種後、なんともなかったという人もいれば、
家の中で2日間遭難しそうになったほど症状が重かった人など様々です。
私のように、接種の翌日の午後とか時間差で症状出てきたという人が割と多かったです。
反応の出方はほんと人それぞれみたいですね。

○ワクチン接種後の世界○
大谷翔平が日本人記録を更新してMLBシーズン32HRを打ちました。
連日の活躍をyoutubeで拝見していますが、
スタジアムには観客がたくさん入っていて、
マスク無しで声援を送っているんですよね。

日本ではまだまだここまではいかないと思いますが、
こういうマスク無しが当たり前の日常が早く来てほしいなと思っています。

ここ最近のコロナウイルスの状況は常に動きがあるように感じます。
デルタ株に対しての予防率は低下している情報もありますが、
重症化には依然として効果が期待できていますね。
この件に関するイスラエルの情報公開は不十分なので話半分程度に参考まで。
参考:ワクチン感染予防効果が低下 デルタ株 拡大が原因か FNNプライムオンライン

デルタ株の脅威に対し、ファイザーはワクチン3回目の接種を申請しだしました。
ファイザー、ワクチン3回目接種の許可申請へ AFPBB

また、ファイザーは、デルタ株ワクチンの開発も進めているようです。
米ファイザー、デルタ株ワクチン開発 8月治験開始 JIJI.com

コロナウイルスに関しては変異株が話題の中心ですね。
それへの対処も進められています。
このように、コロナに関する状況は常に変化しています。

そんな中、ワクチンが100%予防効果があるわけではないですし、
ワクチン接種率もまだまだ遅れを取っていますので、
自分がワクチン接種を終えたからといって手放しに喜べるわけではありません。
それでも、少なくとも重症化は抑えらえる期待が大きいことなど、
コロナに対する漠然とした不安はかなり和らいだように感じます。

○これから接種する方へ○
箇条書きで気づいたことを並べます。
・接種当日~48hは飲酒控えるべし
少なくとも当日と翌日は様子を見たほうが良さそう。

・副反応に備えるべし
消炎鎮痛剤、食料、飲み物を確保しておきましょう。
私はロキソニン、スポーツドリンク、ゼリーやプリン系まとめ買い、
日持ちするチルド総菜を備えてました。

・注射は利き腕の反対側にすべし
痛みで腕が上がらなくなることも。

・接種当日は風呂とか身の回りのこととかさっさとこなすべし
副反応に備えて。

・接種後2日は休むべし
仕事のスケジューリング大事。家族で暮らす方は、家のこともお願いしておきましょう。
少なくとも翌日の仕事は休みにしておきたいですね。
反応でなければラッキーってぐらいで。

・ドル転しておくべし(笑)
記念に株を買いたくなります。
ワクチン開発してくれてありがとう、これからも応援してます!って気持ちになります。
余裕資金を準備しておきましょう。私は39.14ドルでファイザー株を1株買いました。

○接種を悩んでいる方へ○
ワクチンの重篤な有害事象について、懸念されている方がいるかもしれません。
確かに、自分がワクチン接種を選択した結果、最悪の事態が起きたら嫌ですよね。
しかし、ワクチン接種をしないという選択をした結果、最悪の事態が起きる場合もあるんですよってのも考えておきたいですね。
参考までにこちらのツイートを。


合理的に考えれば、多くの健康な現役世代にとってはワクチン接種1択なんですが、
ワクチン接種後の死亡例もあることや、
確率が低すぎると高めに見積もってしまうという認知のゆがみも相まって、
自分にとっての最適解を導くのが難しいですよね。
(確率加重関数はプロスペクト理論の柱の一つですね。)

今回、私はワクチン接種をして思いのほか副反応が出ました。
ワクチンの副反応が怖いという声もありますが、
私はこれだけ反応が出たからこそ、ワクチンを打っておいてよかったなと感じます。
だって、体内で分解されるmRNAを投与しただけでこれだけの反応が出たんですよ?
もし本物のコロナウイルスが感染したら、増殖能を持ち合わせているうえに
自分の免疫反応でしか排除できないわけです。
肺など内部に入られたら、今回の腕の筋肉痛のようなダメージが体内を巡るんだと考えたらもう、
威力が恐ろしいなと思いました。

個人的には、打てる人は積極的に接種しておいた方が良さそうだなと感じました。
北海道の公務員が感染させられた例にもあるように、
自衛だけではどうしようもないことも起こり得ますしね。
(もちろんこれはポジショントークなんですけどね。)

自分自身を守るため。
リスクが高く打てない人も集団免疫で守るため。
平常な社会活動を取り戻すため。
利己的にも利他的にも、ワクチン接種の意義は高いと感じます。

○最後に○
最適な行動を選択するには、投資でもワクチン接種でも、
正しい情報を正しく理解して、正しく比較して、正しく自分の状況に当てはめるしかないと思います。
唯一無二の絶対解は存在しなそうだなと感じる次第です。

ワクチンに限らず、投資に限らず、日々、リスクとリターンを適切に評価して、
シャープレシオの高い最善の行動をとっていきたいですね。

以上、バイオンテックは株価的に流石に衝動買いできなかったパーサでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

パーサモウニアス

Author:パーサモウニアス
手取り17万なのに家賃7万で生活できるのか?
そんな無謀な生活を続けるために、日々の節約や家計簿を淡々とつけ続けるという実験日記です。
投資ド素人サラリーマンが資産運用に興味を持ち始め、それらの記録がてらブログを始めました。
資産運用の基本方針

Money VIVAさんから取材を受けました
#3 独身一人暮らし、生活費を16万円に抑えて金融資産1,300万円!

日経電子版に紹介されました
パーサさん、月16万生活で資産形成(投信ブロガー)

150411開始
2016年、FP3級を取得
twitter始めました。
@parsimonious_16

mail:
parsimonious16@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
-FX (2)
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
免責事項
当ブログに掲載する情報には充分注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。当ブログ使用及び、閲覧によって生じた如何なる損害にも責任を負いかねます。 投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。